<前のページへ

 ネットワーク・カンブリアン・ゲーム=アイデアの爆発実験
 企画:D-project
 コンセプト開発・システム開発:安斎利洋 中村理恵子
 協力:アドビシステムズ株式会社 

D-project統括で金沢大学教育実践総合センター助教授の中川一史さん(左)と取材班
    ネットワーク・カンブリアン・ゲーム=アイデアの爆発実験は、コンピュータとお絵かきソフトを使って、みんなで「連画」の木を成長させていくワークショップ。
 「連画(れんが)」とは、その名の通り絵画が連なって創られていくもの。ひとつの種が世代を経て多くの花を咲かせるように、ひとつの絵が、さまざまな人の手を経てたくさんの絵画に発展し、連画を育てていく。
 ネットワーク・カンブリアン・ゲームは、イメージが連鎖していく面白さ、みんなが参加する創造の世界を、「お絵かき」+「ネットワーク」で実現した新しいコラボレーション・アートである。

 「連画」の生みの親は、アーティストの安斎利洋さんと中村理恵子さん。その連画を、誰もが気軽に参加できるプロジェクトとして、システムを開発し、ワークショップとして展開しているのがD-projectだ。
 D-projectは、小・中学校の先生や専門家が集まってできた「デジタル表現研究会」。「Digital(デジタル)」と「Design(デザイン)」の2つの‘D’にこだわり、情報教育の実践研究・普及を行っている。

 ワークショップ当日は、子どもも大人も参加して、“アイデアの大爆発”を体験した。

(ネットワーク・カンブリアン・ゲーム)
1. お絵かきソフト、Elementsの使い方を学ぶ。
2. Web上の連画の全体像を見ながら、みんなで感想を話し合う。お気に入りの絵を選び自分のPCにダウンロードする。
3. 選んだ絵の何を継承していくかを決め、自分のイメージを加えて絵を描いていく。
4. 作品が完成したら、Web上にアップロード。全体俯瞰図に自分の作品を加えて、みんなで鑑賞。工夫した点や苦労した点を話し合う。
5. 作品や全体像をプリントアウトする。


【使用ソフト&ハード】
Adobe Photoshop Elements(アドビシステムズ株式会社)
タブレット型PC、プリンタ


 自分の絵が、誰かの絵につながっていったり、誰かの絵が自分の絵を面白くしたり。連画の醍醐味は、イメージの触発により思いもよらない表現が生まれること、そしてその連鎖が広がっていくことだ。一枚の絵を見ればそこには必ず独創性があり、いくつかの絵を見れば必ず絵のリレーがある。そして、全体俯瞰図は参加者全員でつくりあげたアイデアの集合体である。
 新しい価値に出会うこと、表現の枠を広げること、みんなが参加する創造の場を共有すること。D-projectが「デザイン」する「デジタル」の世界は、 新しい表現活動のフィールドを提案してくれる。

連画の紹介ページ(日本語版):http://www.renga.com/index_j.htm
 
◆作品発表!◆
当日行われたネットワーク・カンブリアン・ゲームの樹は、D-projectのホームページ(http://www.d-project.jp) にて近日中に公開される予定です。ぜひご覧下さい!
 

全体俯瞰図
「連画:絵のリレー」より






  〜参加者の顔〜

  ペンを片手に夢中になって絵を描いていたのは、ようたくん(6才)。カメラを向けるとお父様と一緒に笑顔を見せてくれました。CANVASのフェローとしてご活動中というお父様は、『子どもたちは喜んで絵を描いています。いつまでたっても終わりません。このワークショップは、ネットワークを使ってできるところがすごく面白いと思います。』と感想を語ってくださいました。
 ようたくんがこだわったのは、うずまき。大好きな青や水色を使い、うずまきが登場する作品を2枚完成させました。感想を聞くと、『楽しかったよ!』と言うなり、またまた画面に向かって一心にペンを動かしていました。

D-project(デジタル表現研究会)事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-3 麹町KSスクエア8階
TEL.03-3222-8943 FAX.03-3222-8893
E-mail:
d-project@event-info.com
ホームページ:
http://www.d-project.jp

アドビシステムズ株式会社
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-2ゲートシティ大崎イーストタワー
TEL.03-5740-2497 FAX. 03-5740-2611
ホームページ:
http://www.adobe.co.jp/
 
このページはCANVASのご協力のもと、インターネットミュージアムにより制作されております。
このページに関するお問合わせはこちらまで。

Copyright All Rights Reserved. Internet Museum Office