インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  明治大学博物館(刑事部門)
pickup museum

明治大学博物館(刑事部門)

右から「ニュルンベルクの鉄の処女」と「ギロチン」。左奥は「鋸引(のこぎりびき)の穴晒箱」
ユニークな常設展のミュージアムも教えて欲しい! という声にお応えして、個性的なミュージアムを紹介する新コーナーがスタート。初回のご紹介は明治大学博物館(刑事部門)です。「刑事」と言っても展示されているのは警察手帳や手錠ではありません。扉を閉めると人が串刺しになる道具、獄門(さらし首)の台、火刑(火あぶり)の柱・・・最初からかなりヘビーな世界をご案内します。
法令、禁令を墨で書いた江戸時代の「高札(こうさつ)」など
前半は刺又や十手など、江戸時代の捕者具
十手にもいろいろな種類があります
有名な拷問「石抱責」。脇から石を揺することもあるとか…
右は「鋸引仕置」。左の平均台のようなものが「獄門台」
目玉展示の2つ
なぜ明大に拷問具が?

JR御茶ノ水駅から徒歩5分。近代的なガラス張りのビルの地下に、展示資料としては国内唯一のギロチンがあることをご存じでしょうか? 訪れたのは明治大学博物館。2004年の新校舎オープンと同時に開館しました。

その歴史は1928(昭和8)年に遡ります。建学の理念である「権利自由」にもとづいて、当時の法学部教授らが刑事関連資料を収集しはじめたのがきっかけとなりました。拷問・処刑具での人権抑圧の歴史を踏まえ、人間尊重の理解を深めてもらおう、というコンセプトです。

集められた刑事資料、考古学資料、商品資料は1950年代に3つの博物館として別々に開館。何回かの移転の後に、3館の統合施設として現在の新博物館が誕生しました。

奥に進むと徐々に…

常設展示室は地下2階、刑事部門はフロアの中央です。最初は“お触れ書き”にあたる「高札(こうさつ)」や十手など。このあたりは時代劇の小道具のようですが、奥に行くと徐々にヒートアップしてきます。

「石抱責(いしだきぜめ)」は、三角形の木を並べた台に正座させて、上に石を置いて自白を強いる江戸時代の拷問。マネキンの展示ですが、見るだけで脛がムズムズしてきます。

鋸引(のこぎりびき)の奥にあるのは、獄門(さらし首)の台。剣山のように針が出ているのは、もちろん切った首を刺して固定していた、という事です。

ギロチンと並ぶ目玉が、ニュルンベルクの鉄の処女。中世ドイツの拷問・処刑具で、内側に無数の針があり、人間を入れて扉を閉めると針が体を貫くという凄まじさ。こんな道具にもかかわらず、上部にはなぜか顔の装飾が付いています。これを作った職人はどういう思いだったのでしょうか・・・。

処刑見物は庶民の娯楽

「娯楽の少なかった前近代において、処刑見物は庶民の娯楽でした」とは、学芸員の外山徹さん。有名な旅行会社がギロチン処刑を見せるツアーを組み、イギリスでは刑場近くの建物の2階に桟敷席が設けられたそうです。「人権の尊重」という概念は、まだ最近のことなのです。

気軽に見るような内容では無いと思いますが、実はこの博物館は、知る人ぞ知る大人気スポット。2012年5月にはリニューアルオープンから8年強で来館者50万人を達成しました。入場料は無料ですので“お気軽に”お越しください。(取材:2012年7月23日 写真・文:インターネットミュージアム)

TOKYO大学博物館ガイド

大坪覚 (著)

ブルース・インターアクションズ
¥ 1,890

ニュルンベルクの鉄の処女
鋸引仕置
館内
ギロチン

館名明治大学博物館
所在地 東京都千代田区神田駿河台1-1アカデミーコモンB1
TEL : 03-3296-4448
HP : http://www.meiji.ac.jp/museum/
開館時間10:00~17:00
料金常設展は無料
※特別展は有料の場合があります
休館日夏期休業日(8/10~16)、冬季休業日(12/26~1/7)
※8月の土・日曜に臨時休館があります

東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
ホキ美術館「画家の眼がとらえた美」
画家の眼が@ホキ美
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」
[エリアレポーター]
クローン文化財
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
[エリアレポーター]
狩野元信
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 開館120周年記念 特別展覧会 国宝 江戸の琳派芸術 画人繚乱
ハイチアート展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」 神道の形成と古代祭祀 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社