インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」by胤森由梨

大阪市立美術館 「デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2016年7月8日
ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入した、デトロイト美術館のコレクションの中から、印象派から20世紀フランス絵画に至るまでの選りすぐりの52点の作品を4章立てで展示しています。


フィンセント・ファン・ゴッホ 《オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて》 1890年 Bequest of Robert H. Tannahill
本展覧会はフランスの近代絵画、とりわけ印象派を代表するセザンヌ、ルノワール、モネ、ドガの作品にはじまり、その発展形態といえる20世紀のドイツとフランスの絵画を展示することで、印象派の展開をみることができます。

ここでは、印象派の展開を章ごとに、作品とともに簡単に紹介していきます。

印象派

クロード・モネ 《グラジオラス》 1876年頃 City of Detroit Purchase
モネやドガ・ルノワールを代表する印象派は戸外での作品制作を重視し、アカデミーの伝統的で保守的な自然主義からの脱却を目指し、画家は目にした光や大気の印象を短い筆致でとらえようとしました。

ポスト印象派

ポール・セザンヌ 《サント=ヴィクトワール山》 1904年—1906年頃 Bequest of Robert H. Tannahill
印象派が一瞬の形態を画面上にとどめようとしたのに対し、ポスト印象派はより普遍的なものを表現しようとしました。例えば、セザンヌは、画家は自然に敬意を払いながらも単純に従うのではなく、それを素材として扱うべきであると考えました。

20世紀のドイツ絵画

ワシリー・カンディンスキー 《白いフォルムのある習作》 1913年 Gift of Mrs. Ferdinand Moeller
20世紀ドイツでも、印象派に端を発する潮流は受け継がれました。ドイツでは、印象派がそうしたようにアカデミーへ反発を見せながらも、造形化しがたいような内的世界が描かれるようになりました。

20世紀のフランス絵画

アンリ・マティス 《窓》 1916年 City of Detroit Purchase
20世紀ドイツ絵画と同じく、古典的な規範を打ち破る新しい表現が志向され、フォーヴィズム、キュビズム、プリミティヴィズム、表現主義、抽象といった新たな潮流が生まれました。

本展覧会では、全ての作品を写真に撮ることができます(一部の作品はSNSをはじめとする不特定多数への公開が禁止されています)。大阪展では、7・8月の火曜、水曜、木曜(祝日を除く)に撮影可能です。
また、夏休み企画として小学生の子供と一緒に楽しむことができるイベントとして、鑑賞ノートづくり(7月9日~8月31日)と親子ミュージアム講座(7月16日、7月18日)が開催されます。
この夏休みにご家族で思い出づくりに行かれてみてはいかがでしょうか。

会場風景

左からギュスターヴ・クールベ《川辺でまどろむ浴女》、ピエール・オーギュスト・ルノワール《肘掛け椅子の女性》、ピエール・オーギュスト・ルノワール《座る浴女》

左からアンリ・マティス《コーヒータイム》、アンリ・マティス《窓》、アンリ・マティス《ケシの花》

会場大阪市立美術館
開催期間2016年7月9日(土)~9月25日(日)
所在地 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
TEL : 0748-82-3411
HP : http://www.osaka-art-museum.jp/
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きな大学院生です。将来は美術鑑賞に関わる仕事がしたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ― 激動する浮世絵」
幕末・明治の浮世絵
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
千葉市美術館「小沢剛 不完全 ー パラレルな美術史」
小沢剛
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 色絵 Japan CUTE !  ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ― ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~ 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社