インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  「ムガール皇帝とマハラジャの宝石 カタール・アル サーニ・コレクション」by白川瑞穂

MIHO MUSEUM「ムガール皇帝とマハラジャの宝石」

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2016年9月28日
カタールのシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アル サーニ殿下のコレクションからムガール帝国の時代から現代までのインド宝石181点の名品を選りすぐり、宝飾デザインの軌跡と豊かなインド文化を概観するインドジュエリー展です。

18世紀までダイヤモンドはインドが唯一の産出国だったそうです。石を可能な限り大きく重く残すカット方法、宝石の下に金箔や銀箔を置いて光を反射させて見せるインド特有の技法によるジュエリーは独特の美しさ。


左と真ん中はバラ水の散水瓶で正式な訪問の際の礼儀としてバラ水を撒くためのもの。右は蠅払いで、どれも王宮や貴族の館で使用されていました。

ダイヤは破壊されない硬さであることから、古来インドでは伝統的に男性の石とされ、権力と富の象徴として身につけられてきました。こちらはターバン飾りで、ナワナガル藩王国のマハラジャ、ランジートシンジー・ビバージが、王位就任のために発注したものです。


メインビジュアルのハイデラバード君主のネックレスは、ハイデラバードの君主が正式な儀式で身につけたもので、王国の富と力を表すものでした。


また、宝石を身につけて魔除けにしたり、運を呼び込んだりといった行為は今でも続いていますが、装飾品であるだけでなく信仰文化の象徴でもありました。

95万個の真珠や宝石を使用した天蓋。バローダの君主が預言者ムハンマドの墓用に制作を命じたものです。


圧巻が、世界有数の5個のダイヤモンドが眩く煌めくコーナー。


あまりのサイズ感に、一瞬本当にダイヤモンド?と思ってしまうのですが、輝きと複雑な色彩が本物の証であることを物語っています。世界最大のカット・ブルーダイヤモンド、アイドルズ・アイをはじめ、実物をぜひご覧下さい。

16世紀にインドを統治したムガール皇帝や、その後各地を統治したマハラジャは、ヨーロッパとの文化的交流を盛んに行い、西洋のカット方法やデザインが好まれたことから、ヨーロッパ的なイメージが取り込まれていきました。

こちらはインドの彫刻エメラルドをヨーロッパ風にアレンジした初期の作品、ブローチもしくは髪飾り。


20世紀にはカルティエをはじめとするヨーロッパの宝石ブランドとインドジュエリーのコラボレーションが発生します。


こちらはカルティエのネックレス。

更に21世紀、現代の技術を駆使したジュエリーも展示されています。


左はペアバングルでジャスミンの花輪を真珠でデザインしており、約1500点の古代天然真珠からのよりすぐり。

右も塩水産古代天然真珠のネックレスでスイス宝石学会鑑定書添付書類に「凄い宝」と絶賛されたそうです。

12月11日まで。インドの歴史と多様な文化との交流から生まれた日本初公開となる名品の数々を目にすることができる貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

会場MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)
開催期間2016年10月1日(土)~12月11日(日)
所在地 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL : 0748-82-3411
HP : http://miho.jp
展覧会詳細へ 「ムガール皇帝とマハラジャの宝石 カタール・アル サーニ・コレクション」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ― 激動する浮世絵」
幕末・明治の浮世絵
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
千葉市美術館「小沢剛 不完全 ー パラレルな美術史」
小沢剛
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 色絵 Japan CUTE !  ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ― ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~ 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社