インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ミュージアム 干支コレクション アワード  >  《狂言面「猿」》早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

《狂言面「猿」》早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

《狂言面「猿」》早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館
4.
《狂言面「猿」》 伊藤通彦
 早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館

中世のせりふ劇「狂言」で用いられる、猿の面です。小猿の毛皮をめぐって猿まわしと大名が鋭く対立するものの、意外な展開でハッピーエンドに至る「靱猿(うつぼざる)」は、めでたいお祝いの気分に満ちた名作としても知られています。その「靱猿」をはじめ、「猿座頭(さるざとう)」「猿婿(さるむこ)」など、子どもが猿の面と着ぐるみで演じる猿の役は、愛くるしい姿としぐさが客席のハートをわしづかみにします。現代の面打ち師、伊藤通彦(いとうみちひこ/1942年生まれ)が古くから伝わる面を模写した作。縦19センチ×横15センチ、子どもサイズの逸品です。

担当者からのコメント: 数え年の6歳から始めるとされる狂言師としての稽古は、「猿に始まり狐に終わる」と言われます。「靱猿」の小猿の役で初舞台を踏み、十数年から二十数年、様々な経験を積み重ねた上で、難曲「釣狐(つりぎつね)」の主役を演じて一人前の狂言師と認められる、その大事な初心の出発点がこの猿の面なのです。世に猿のコレクション多しといえども、猿に変身できるアイテムは他にはありますまい。
干支コレクションアワード トップページ作品に投票する
       

取材レポート
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
画家の眼がとらえた美
画家の眼が@ホキ美
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社