インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ミュージアム 干支コレクション アワード  >  《鶏図》伊那市立高遠町歴史博物館

《牡丹に鶏》伊那市立高遠町歴史博物館

《牡丹に鶏》伊那市立高遠町歴史博物館
3.
《牡丹に鶏》 伊澤文谷
 伊那市立高遠町歴史博物館

伊澤文谷(いさわぶんこく、生没年1818~1878年)
高遠藩士で画家。通称、勝三郎。文谷は号。高遠城下に生まれる。若い頃、佐藤薫谷(高遠藩士)の門で画を学び山水風物を得意とする。藩の祐筆ともなる。学問好きで、武よりもむしろ詩文や絵を好んだという。長男・修二は教育家・教育学者、四男・多喜男は政治家として知られる(『高遠町誌』人物篇、他)。

紅白の牡丹とひと番いの鶏(チャボ)を描いた図。《花鳥之図》と称する双幅の一つ(《鶴に日の出》の対)。
大小二本程の牡丹の木が画面下部から上部へと流れるように描かれた逆S字型の構図である。牡丹の花は白が六つで赤が二つ。画面中央の隆々とした幹の上には雄鶏がとまり、地面には雌鶏が佇んでいる。雄鶏は「赤笹」と称する羽色のチャボに見える。雄鶏の頭部と牡丹の赤が鮮やかで、白い牡丹とのコントラストが美しい。
本作品は正月に飾ったものと伝えられるが、画面下部から上部へと描かれた牡丹からは生命力の流れが、番いの鶏からは子孫繁栄への願いが感じられる。掛軸の箱に「伊澤文谷写」とあり、写生したものか。
紙本彩色。本紙の寸法は縦1305×横588ミリ。当館資料番号396番。

担当者からのコメント: 高遠町歴史博物館では本作品も含め、伊澤文谷の絵を11点程所蔵しております。文谷にはおめでたい題材を描いた図や俳画が多いようです。
※なお、本作品は現在展示しておりません。

この画像の年賀状データ
       
この作品に投票する
1. 応援コメントを記入してください (投票せずに応援コメントを見る)
2. 画像表示されている文字を入力してください
CAPTCHA image
3.

取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- 鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます 古代アンデス文明展
新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで お弁当箱ライブラリー 唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社