インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  兵庫県立美術館 特別展「怖い絵」展

兵庫県立美術館 特別展「怖い絵」展

撮影・文 [エリアレポーター]白川瑞穂 / 2017年7月21日


怪談にお化け屋敷、絶叫マシーン・・・怖いものはお好きですか?
暑い夏につきものの恐怖感。怖いもの見たさもありで、ヒヤっとしたスリルを味わいたい、と思うのは、怖いのが苦手な私も同じです。

兵庫県立美術館で開催中の「怖い絵」展は、ドイツ文学者・中野京子氏のベストセラー本に想を得た展覧会。
ビジュアルの怖さだけでなく、描かれているストーリーの恐ろしさ、背景に潜む恐怖など、様々な意味での「怖い絵」約80点が、中野氏がシリーズで取り上げた作品を筆頭に、近世から近代にかけてのヨーロッパ各国で描かれた「恐怖」を主題とする膨大な絵画の中から選び抜かれています。



本の中には、「見てすぐ怖い」残酷なシーンを描いた絵なども多数含まれているのですが、安心してください。見られますよ。この展覧会では、残酷すぎるものは入っていません。

むしろ、分かりやすく怖いものを描いた作品より、絵の全体を見て、解説を読んで、ジワジワと迫る怖さがある作品の方が「本当に怖い」と感じました。
ネタバレにならない程度に、ご紹介したいと思います。

こちらは、古代ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』に出てくる魔女、キルケ―が、英雄オデュッセウスに杯の盃を差し出している場面を描いた作品。


ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《オデュッセウスに杯を差し出すキルケ―》1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館 ©Image courtesy of Gallery Oldham

とても綺麗で魅惑的なキルケ―。ポーズも構図も美しいし、これが怖い絵?
彼女の周りを見てください。周りの豚たちは、彼女のペット?それとも家畜?
実は、オデュッセウスよりも先にやって来て、酒を飲み、彼女に豚に変えられてしまった部下たちなのです。
自信満々なキルケ―の後ろの鏡に映る、追いつめられたオデュッセウスの運命は・・・?
「女性の誘惑」もまた、この世の恐怖のひとつ、という意味も込められているそうですよ。

エントランス1階には、オデュッセウスになって写真が撮れるフォトスポットもありますので、ぜひ!



今回、私が個人的に一番怖いと思ったのが、マックス・クリンガーの版画シリーズ『手袋』。


マックス・クリンガー『手袋』より《行為》1881年 エッチング・紙 兵庫県立美術館/町田市立国際版画美術館

女性がスケートリンクで落とした手袋を拾う主人公の男性。
彼はその手袋を持ち帰り、想像なのか、夢なのか、妄想をふくらませていきます。


(上から)マックス・クリンガー『手袋』より《凱旋》1881年 エッチング・紙 兵庫県立美術館 / マックス・クリンガー『手袋』より《敬意》1881年 エッチング・紙 兵庫県立美術館

手袋は、馬車に乗って旅をし、ある時は海で遭難しかけるところを主人公に救助され、装飾的な台に祭り上げられ・・・
フェティシズムと同時に、ストーカー的な発想、いえ、それを遥かに超える妄想っぷりが怖すぎます。

そして最後の絵が暗示する、この恋の結末は?
実際に作品を見て、想像してみてください。

メインビジュアルにもなっている、ロンドン・ナショナル・ギャラリーの至宝、《レディ・ジェーン・グレイの処刑》は最後の章に展示されています。


ポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー Paul Delaroche, The Execution of Lady Jane Grey, © The National Gallery, London. Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore, 1902

暗い絵の中央に座り込む、全身白い衣装の若い女性。
目隠しをしているようですが、いったい何が始まるのでしょうか。
彼女の目の前の木の台は何でしょう?
画面左には、今にも卒倒しそうな侍女らしい女性。右側の男性の左手には斧が握られています。
主人公の女性は、王位についてわずか9日でその座を追われた16歳の女王、ジェーン・グレイ。
自分の身に起きたことを把握しきれないままに、この場にいるのかもしれません。
静かに進行しつつある処刑の場面。
この直後、確実に起きることを想像し、恐怖を感じずにはいられない作品です。

この展覧会は、会期が夏休み中ということもあり、お子様連れのご家族や、普段あまり美術館に来る機会がないという方など、幅広い層の方に楽しんでいただけるような工夫がたくさんされています。

展示作品が6つの恐怖のカテゴリーに分けられているのですが、特別監修者・中野氏によるわかりやすい解説や、担当学芸員の方渾身のユーモアとウィットにあふれた作品のキャッチコピーも必見です!怖い中にも、クスっと笑える楽しさが味わえますよ。

またミュージアムグッズも、デザインがクールで素敵な品揃え!
バスソルトやハーブティー、アクセサリー、飾れるノートなど、プレゼントでも自分用でも欲しくなるものばかりでした。



作品を見ながら、ひとりでじっくりと、恐怖の思いを募らせるのも、観た後にみんなでそれぞれが想像したことを話すのも楽しく、どなたでも楽しめる展覧会です。
夏休みの思い出に、訪れてみてはいかがでしょうか。

会場兵庫県立美術館
開催期間2017年7月22日(土)~9月18日(月)
休館日月曜日 ※ただし、9月18日(月・祝)は開館
開館時間10:00 ~18:00、金曜日、土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
所在地兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1[HAT神戸内]
078-262-0901(兵庫県立美術館 代表)
HP : http://www.artm.pref.hyogo.jp
料金一般 1,400円、大学生 1,000円、70歳以上 700円、高校生以下は無料
展覧会詳細へ 特別展「怖い絵」展 詳細情報
エリアレポーターのご紹介
白川瑞穂 白川瑞穂
関西在住の会社員です。学生の頃から美術鑑賞が趣味で、関西を中心に、色々なジャンルのミュージアムに出かけています。観た展示を一般人目線でお伝えしていきます。

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

取材レポート
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
根津美術館「墨と金 ― 狩野派の絵画 ―」
墨と金
上野の森美術館「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」
生賴範義
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
21_21 DESIGN SIGHT「野生展:飼いならされない感覚と思考」
野生展
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
エリアレポーター 大塚国際美術館
[エリアレポーター]
大塚国際美術館
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 草乃しずか展 煌く絹糸の旋律 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯
鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます ファンタジーの王様 武井武雄展 ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 色絵 Japan CUTE ! 
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
いよいよ投票開始!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社