インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  エリアレポート  >  国立民族学博物館「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」

国立民族学博物館「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」

撮影・文 [エリアレポーター]胤森由梨 / 2017年8月9日
シーボルト事件に新たな展開!?

江戸時代後期に医師として来日したシーボルトは、日本の自然や文化に関わる資料を収集し、大量にヨーロッパへと持ち帰りました。
とにかくものを集めるのが大好きなシーボルト。ただ高価なもの、珍しいものだけを集めるのではなく、一般人が使うような日常品まで幅広く資料を収集しました。
この幅広い収集品は、異文化を正確に伝えたいというシーボルトの願いからきています。

国立民族学博物館(みんぱく)では、シーボルト二度目の来日時に収集した資料が、ドイツのミュンヘンで実際に展示・公開された時の展覧会の様子を見事に再現しています。



こちらは藁細工や編細工の工芸品を展示したコーナーです。

藁を使ってこれほど繊細で多様なものを作り出す日本人の技術に、シーボルトはさぞ驚いたことでしょう。



こちらは左から、《赤絵染付諫鼓鶏香炉》(江戸時代後期)、川本治兵衛(三代)作《瑠璃釉鶴文大植木鉢》(江戸時代末期)、《漆塗雲鶴竹鶏松鶴文染付蛸唐草文蓋付壺》(江戸時代後期)。

まるでお宝鑑定団に出てきそうな、形の面白い陶器がズラーッと並んでいます。一番左の諫鼓鶏をかたどった香炉は、くちばしのところから煙が出るようになっているのでしょうか。

こちらは展覧会風景です。



こちらに並んでいるのは、なんと漆でできた豪華なお弁当!
こんな器にご飯が詰まっていたら・・・と考えるだけでおなかが鳴りそうです

こうしたお弁当箱や重箱は外国人に大人気のアイテムだったそうで、シーボルト自身も『日本』という著作の図版に多種多様なお弁当箱を取り上げており、関心の高さが伺えます。



こちらはシーボルトがアムステルダムで日本を紹介する展示を行った際の展示スペースを再現したコーナーです。

こちらのコーナーの反対側では、当時の展示をプロジェクションマッピングでわかりやすく紹介しています。
※協力:はこだて未来大学



シーボルトは、「日本の宗教」と題されるこのコーナーで、日本の宗教に関わる品々をひな壇状に展示しました。
配置の仕方がなんとも面白いですよね。

この展覧会では、シーボルト事件に関して新たな研究成果が明らかになりました。
シーボルトは1828年に帰国する際に禁制品とされた日本図の持ち出しを試みました。
それにより、日本図をシーボルトに渡したとされる高橋景保とその関係者は厳しく処罰され、シーボルト自身も国外追放となりました。

近年までは、高橋景保からシーボルトへ渡った伊能日本図が一体どんなものであったのかは推測の域を出ませんでしたが、今回、シーボルト側(シーボルトの子孫)で保存されていた資料をもとに、それがいかなる日本図であったのかが明らかになりました。

展覧会会場には、日本図を書き写したとされる《伊能特別小図写(西日本)》(1826-1828年頃)が展示されています。
こちらも要チェックです。

※資料は全て、ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente, Munich(MFK)

会場国立民族学博物館
開催期間2017年8月10日(木)~10月10日(火)
休館日水曜日
開館時間10:00 ~17:00(入場は閉館の30分前まで)
所在地大阪府吹田市千里万博公園10-1
06-6876-2151 (国立民族学博物館)
HP : http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20170810siebold/index
料金一般 830円、高校生・大学生 450円、中学生以下は無料 ※本館展示もご覧になれます。
展覧会詳細へ 「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」詳細情報
エリアレポーターのご紹介
胤森由梨 胤森由梨
美術が大好きなアートライターです。美術鑑賞に関わる仕事を広げていきたいと思っています。現在、instagram「tanemo0417」「artgram1001」でもアート情報を発信中です!

エリアレポーター募集中!
あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?

東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
丸亀市立資料館「武士の装い展-ニッカリ青江特別公開-」
ニッカリ青江
東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」
ボストン美術館至宝
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
森アーツセンターギャラリー「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」
ジャンプ展 VOL.1
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
パナソニック 汐留ミュージアム「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」
深澤直人
東京都美術館「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」
ベルギー奇想の系譜
太田記念美術館「月岡芳年 月百姿」
月岡芳年 月百姿
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
日本科学未来館「ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》」
ディズニーアート展
21_21 DESIGN SIGHT「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」
壮大なプロジェクト
三菱一号館美術館「レオナルド×ミケランジェロ展」
レオ×ミケラン
国立科学博物館「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」
深海2017
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
国立西洋美術館「アルチンボルド展」
アルチンボルド
エリアレポーター 国立国際美術館「ブリューゲル「バベルの塔」展」
[エリアレポーター]
「バベルの塔」展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」
[エリアレポーター]
絹谷幸二
エリアレポーター 大阪市立自然史博物館「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」
[エリアレポーター]
瀬戸内海の自然を…
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 大くまモン展  収蔵品展 いきものだらけ ―ようこそ 美術な動物園へ― ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
江戸の琳派芸術 画人繚乱 ハイチアート展 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
投票は9月14日(木)15時まで!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社