インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム

   
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか

パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか

内容

ベテラン作家と若手作家とが出会い,互いに触発し合うことで,現代美術が抱えるている問題や,社会に対してできることを浮き彫りにすることをテーマとした展覧会NEW INCUBATION.本展は,出展するアーティストにとっても,鑑賞者にとっても,刺激に富んだ挑戦の場となることを目指しています.今回は,映像作品を中心に幅広い活動を展開している二人のアーティストEUGENE KANGAWAとPIERRE JEAN GILOUXによる展覧会を開催します.

KANGAWAとGILOUXは,個人の内面ではなく外的事象を制作の出発点とし,異なる領域との協業や,アートと社会のあいだの境界を越えた活動に積極的に関与してきました.しかし,対象へのコミットメントの態度,アーティストとしての主体性のあり方は対照的です.冷静なまなざしで世界を捉え,脚本あるいは設定のみをつくりだすような「最小限の介入」によって,純度の高い作品を結実させるKANGAWA.自らのつくりだすCGの虚構に幻惑されているかのようにイメージに対して「最大限の介入」を行い,想像力とユーモアにあふれたヴィジョンをつくりだすGILOUX.今回はそれぞれの視点から現代の風景を描き出した映像作品を展示します.

両者の映像作品からは,それぞれがどのように世界を見て,どのように理解し,どのように再構成したのかが浮かび上がってきます.自然風景が現実以上の強度で切り取られ,秩序正しく作り込まれたKANGAWAの映像は,むしろフィクションに接近していっているように見えます.その一方で,GILOUXがデジタル画像処理によって再構築した虚構の都市は,生物のように有機的に変容していく現実の都市の姿を神秘的に表現しています.それぞれの手法で制作された作品は互いに鋭いコントラストを成しながらも,創作と実写が反転しながら接続される関係にあるように思えます.また,いずれの映像もどこか予兆的で,現代の世界に対するカウンターイメージとしても機能しています.

KANGAWAとGILOUXの作品に垣間見える二人の世界観のパラレルな関係,本展の関連企画としてパラレルに開催される期間限定の特別インスタレーション,そして,両作家の目を通して見る世界と私たちが体験する世界の並行関係.本展では,異なるレベルの「パラレルワールド」が重層的に繰り広げられます.

【パラレルイベント/ニュイ・ブランシュKYOTO2015関連企画】
1. EUGENE KANGAWA
Special Installation
日時:10月3日(土)18:00-22:00、4日(日)10:00-13:00/18:00-22:00、5日(月)10:00-17:00
会場:フリースペース
2. PIERRE JEAN GILOUX
a. Film Screening
日時:10月3日(土)夕刻 
会場:京都国際マンガミュージアム(中京区)
b. Special Installation
日時:10月3日(土)-9日(金)10:00-20:00
会場:和室「明倫」

会場

京都芸術センター
〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
電話:075-213-1000
京都芸術センター

会期

2015年9月9日(水)~2015年10月18日(日)

料金

無料

イベント開催中の休館日

会期中無休

分類

展覧会

URL

 
パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか 京都芸術センター
Pierre Jean Giloux《 Invisible Cities # Part 1 # Metabolism》 2015, Courtesy the artist and Solang Production Paris Brussels
 
京都芸術センター
京都芸術センター
ミュージアム・ショップ 無し 駐車場 無し カフェ・レストラン 有り ライブラリー 有り ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
京都芸術センター


周辺地図
gn}
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
遥かなるルネサンス エリック・カール展 はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ― ベルギー奇想の系譜展
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 漆芸の未来を拓く-生新の時2017- 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社