インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右

パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右

内容

1960年代から日本のアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的に流行した「パロディ」。ありとあらゆる文化がパロディに染まったこの現象は、モダンとポストモダンの隙間に開花した徒花であったのか?
日本語として定着し、それでいてなお不明瞭なこのパロディという技術または形式を、当時の視覚文化を通じて振り返ります。
生々しく具体的な表現と社会の交錯を、多数の珍しい出品作を通じてお楽しみください。

会場

東京ステーションギャラリー
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
電話:03-3212-2485
東京ステーションギャラリー

会期

2017年2月18日(土)~2017年4月16日(日)

料金

一般900(800)円 高校・大学生700(600)円 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

イベント開催中の休館日

3月20日をのぞく月曜日、3月21日

分類

展覧会

URL

 
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 東京ステーションギャラリー
 
東京ステーションギャラリー
東京ステーションギャラリー
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 無し カフェ・レストラン 無し ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
東京ステーションギャラリー

パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右のGoogle検索

searching...



パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右をfacebookにコメント

周辺地図
gn}
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 企画展 桜花図譜と牧野富太郎
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社