インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  池田満寿夫 没後20年記念展 僕はどのようにアーティストになったのか

池田満寿夫 没後20年記念展 僕はどのようにアーティストになったのか

内容

※池田満寿夫美術館は2017年7月末で閉館します

池田満寿夫が1997年3月に急逝してから早くも20年が経とうとしています。さまざまな分野で頭角をあらわしたスターであり、大衆的な人気にも支えられた非凡なアーティストでした。いつ才能を自覚し、どのように開花させたのか?何を考えながら制作したのでしよう。あらためて紐解いてみたいのが、その比類ない精神です。なぜ独自の芸術の道を歩むことができたのでしよう。

逝去直後にオープンした当館も開館20年を迎えます。その間に購入した作品は、中学時代に描いた最初期の少女像、「全日本油絵コンクール」で受賞した高校時代の油彩《橋のある風景》、多数の水彩・フロッタージュなど、今では作家のスケールの大きさを窺い知ることのできるコレクションとなっています。本展ではそのなかから初期の油彩やデッサン、銅版画、リトグラフなどの版画、彫刻など約130点で作家の歩みを回顧します。また肖像写真や、近年寄贈を受けた初期資料も紹介いたします。ほとばしる情熱や希望を感じとっていただけたら幸いです。

会場

【2017年7月末で閉館】池田満寿夫美術館
〒381-1231 長野県長野市松代町殿町城跡10
電話:026-278-1722
【2017年7月末で閉館】池田満寿夫美術館

会期

2017年3月26日(日)~2017年7月31日(月)

料金

大人 700円、大学生 500円、高校生 350円、中学生以下無料

イベント開催中の休館日

木曜(祝日開館)、12/29~1/1、展示替期間、3/1(水)、7/14(金)

分類

展覧会

URL

 
池田満寿夫 没後20年記念展 僕はどのようにアーティストになったのか 【2017年7月末で閉館】池田満寿夫美術館
池田満寿夫《ヴァイオリン》1995年
 
【2017年7月末で閉館】池田満寿夫美術館
【2017年7月末で閉館】池田満寿夫美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
【2017年7月末で閉館】池田満寿夫美術館


周辺地図
gn}
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち 特別展 地獄絵ワンダーランド
ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 「コミュニケーションと孤独」 平成をスクロールする 夏期 2Dプリンターズ 「怖い絵」展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社