インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  展覧会・イベントの検索  >  共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎

共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎

内容

太平洋戦争終戦後、深い傷を負った日本で鮮烈な作品を生んだ二人の表現者が初めて出会います。一人は生前一切の作品発表をせず、没後40年を経てその才能が見出された関谷富貴。もう一人は人間性の深淵を厳しく見つめ、孤高の画境を開いた小山田二郎です。共に栃木県北地方にゆかりのある二人ですが、生前はお互いを知ることはなかったでしょう。しかし、二人の作品は深いところで互いに共鳴しあうかのような性格を持っています。

関谷富貴(せき やふき)は 1903(明治36)年、 栃木県那須生まれ。画家の関谷陽と結婚し、世田谷の松原で暮らしました。その作品は周囲のわずかな人々に知られるのみで、才能に気づいた知人の画家が発表を勧めても「私の仕事は夫を世に出すことですから」と断っていたといいます。 1969(昭和44)年に没した後、作品は遺族が保存し、栃木県立美術館の調査によってその存在が明らかになりました。2011(平成23)年に同館の企画展「妻の遺した秘密の絵 関谷富貴の世界」で初めて公開され、その鮮やかな色彩と心の深淵を画面にさらけ出していくような表現は深く大きな反響を呼び起こしました。

一方、小山田二郎(おやまだじろう)は 1914(大正3)年、父親の赴任先の中国(現遼寧省丹 東市)に生まれました。10代の初めに母方の郷里栃木県大田原に移り、少年時代を過ごしています。帝国美術学校(現武蔵野美術大学)に学んだ後、独立展、美術文化展、自由美術展等で作品を発表、戦後日本の人間像を厳しく見つめる 作風で画壇の寵児となりました。1991(平成3)年、77歳で没しています。その作品は人間精神の暗部をえぐるようなものであるにもかかわらず純粋な色彩の魅力にあふれており、今日なお多くの人々に愛されています。生前、出会うこ となく、それぞれに独自の世界を切り開いた二人の表現者の共鳴は、21世紀の今日を生きる私たちの心にも深く響くものとなることでしょう。

【関連企画】
(1)トークショー「おばちゃんと私」
日時:11月23日(木・祝)午後2時~(90分程度)
会場:集会室 (先着100名、申込不要、聴講無料)

(2)担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時:10月28日(土)午後3時30分~、11月4日(土)午後2時~、12月23日(土・祝)午後2時~(各回1時間程度)
会場:企画展示室 (申込不要、当日の企画展観覧券が必要)

会場

栃木県立美術館
〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7
電話:028-621-3566
栃木県立美術館

会期

2017年10月28日(土)~2017年12月24日(日)

料金

・一般 700(600)円
・大高生 400(300)円
・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

イベント開催中の休館日

月曜日休館

分類

展覧会

URL

 
共鳴する魂 関谷富貴と小山田二郎 栃木県立美術館
 
栃木県立美術館
栃木県立美術館
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 有り カフェ・レストラン 有り ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
栃木県立美術館

[ AD ]



周辺地図
gn}
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社