インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  博物館・美術館の検索  >  豊田市美術館

豊田市美術館

〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8-5-1
電話:0565-34-6610

館のご紹介

豊田市美術館は、国内外の近代および現代美術を展望するに相応しい総合美術館を目指し、1995年11月にオープンしました。美術館のある場所は、豊田の中心市街地を見下ろす小高い丘の上。ここは、「七州城」と呼ばれた旧・挙母藩(現在の豊田市)の城があった場所で、現在も美術館の入り口近くに復元された七州城の隅櫓が残されており、当時の城の面影を忍ばせます。美術館の敷地の西側は、この隅櫓や茶室が日本式庭園の中に点在し、歴史的景観を形成しているエリアです。又、反対に敷地の東側の切り立ったテラスからは、“クルマのまち”豊田の市街が一望できます。美術館の建物は、町の歴史と現代の文化とが出合うこの城跡の特性を活かし、過去と未来の境界線のように、敷地を南北に横断するかたちで設計されました。
建築家、谷口吉生氏の代表作のひとつとなった当美術館の建物は、モス・グリーンのスレートと乳白の磨りガラスで構成されたモダンな外観や、水平、垂直の直線と矩形を基調とするミニマルな建築空間に特徴があります。内部の展示室は、美術館の大きな箱のような空間を大小に区画するように設計されており、来館者は11室ある展示室を回廊を巡るように歩きながら作品鑑賞を進めていきます。
また館内には、講演会やコンサートなどを行う講堂、図書閲覧室、A.V.ブースをはじめ、テラスを見ながら食事・喫茶が楽しめるレストランや、美術に関する書籍や様々なグッズが並ぶミュージアムショップなどの施設があります。また、屋外には人工の大きな池と庭園が整備されており、水と緑に包まれたその空間は市民の憩いの場となっています。
豊田市美術館では、美術館の最も大切な使命は、“ひとりひとりが作品と対峙しながら作品との関係を成立させていく”場所を提供することにあると考えています。その為、当館では今後も来館者に最良の「鑑賞の場」を提供する努力を継続していく所存です。

開館時間

10:00~17:30(入館17:00まで)

料金

【常設展】
一般300(250)円、高校・大学生200(150)円、小・中学生 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※企画展・特別展示の観覧料金は、その都度定めます

休館日

毎週月曜日(祝日は除く)、設備・保守点検、展示替え等の期間、
年末年始

アクセス

■<「名古屋駅」より名鉄「豊田市駅」まで>
 地下鉄東山線「伏見駅」乗り換え、
 地下鉄鶴舞線豊田市終点下車。
■名鉄「豊田市駅」または愛知環状鉄道「新豊田駅」より徒歩15分
■東名高速道路「豊田I.C.」より約10分
 
ミュージアム・ショップ 有り 駐車場 無し カフェ・レストラン 有り ライブラリー 無し ICOM(国際博物館会議) 非加盟館
周辺のカフェ・レストラン
愛知県のカフェ・レストラン

周辺地図
gn}
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 企画展 桜花図譜と牧野富太郎
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社