インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  博物館・美術館 掲示板  >  記事一覧

博物館・美術館 掲示板


阿修羅浄界ASURA SUKHAVATI An Exhibition by SongKun
投稿者: KIYOSHI ART SPACE   投稿日: 17.07.30 15:18
KIYOSHI ART SPACE
〒106-0031 東京都港区西麻布3-20-14 梅田ビル1F
TEL:03-6432-9535・FAX:03-6432-9536
会期:2017年7月18日(火)~8月2日(水)
開廊時間:11時〜19時 ※月曜定休
www.kiyoshiart.com

展示概要
今回展示されるシリーズ作品「阿修羅浄界」は2015年に中国北京・蜂巣当代芸術センターでの展覧会を成功裡に終え、東京のKIYOSHI ART SPACEが主催する巡回展ではバーチャルな阿修羅群像、畜道「貪婪蛇」、浄土風景における絵画作品、人体模型を使った立体インスタレーション作品「島」、また新生児と衰亡、水中、原始的な自然をイメージとした映像などの要素を集合させたものからできている。
 現代における様々な嘘、悪、醜さ、環境汚染などの極端な社会の現実について、宋琨は「阿修羅」と「浄界」の名を借りて、二元対立である「現代人の阿修羅の人格」と「幽玄の境」を併置したかのようなマジックリアリズム感の空間も作り上げている。阿修羅肖像のイメージは、変幻自在で多彩なスタイルと隠された象徴性を呈しており、さらにイメージを改造させた手法を使い、具象的な情緒描写を回避して、中立的な表象で強調している。そのため、「もののあわれ」の感覚が現れ、美学的な意味での道徳指標を与えるものであり、阿修羅乱相の背後には現実における人間自身の「六道輪廻」への詳細な観察がある。また、宋琨は浄土の風景イメージを処理する際に神秘で静寂な雰囲気を作り上げ、仏教における極楽浄土のシミュレーションを通じて、「浄界」の存在も提示しているのである。
「浄界」、「阿修羅」、「畜道」それぞれにおいて、より多くのものは開放的で世間化された関連を持っており、その根源は個体の自然の生命と信仰の本質への自覚と菩提心である。宋琨はそれに美学的な指摘を行い、一つ一つの根源的な思考を生み出し、ビジュアル・イメージの姿でいかに善巧方便(衆生を救うための様々な方便)を行うかという道筋を述べている。

アーティスト紹介
宋琨(SONGKUN)。2006年に中国中央美術学院美術学科油画専攻を卒業し、修士学位を取得。「中国最も注目される70年代以降生まれの新鋭女性アーティスト」と称される。作品は絵画を中心として、映像、インスタレーション、音楽ライブやパフォーマンスなどの表現を結合させたものである。
返信   編集   削除
関連記事の一覧
表示中の親記事 阿修羅浄界ASURA SUKHAVATI An Exhibition by SongKun   -   KIYOSHI ART SPACE   17.07.30 15:18

取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社