インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  蔡國強、横浜美術館で火薬ドローイング爆破制作

ニュース

蔡國強、横浜美術館で火薬ドローイング爆破制作
(掲載日時:2015年06月20日)
蔡國強、横浜美術館で火薬ドローイング爆破制作

横浜で滞在制作中の世界的な現代美術家、蔡國強(ツァイ・グオチャン/さいこっきょう、1957-)が、2016年6月20日(土)、火薬を爆発させて行うドローイングを報道陣に公開した。

蔡國強は中国福建省出身。1986年に来日し東京、取手、いわきに滞在して制作。95年以降はニューヨークに拠点を移し、2008年の北京オリンピックの開会式・閉会式の視覚特効芸術監督として花火を担当。その模様は世界中に中継され、大きな注目を集めた。

火薬ドローイングは蔡國強の代表的な制作手法で、火薬を爆発させてカンヴァスや和紙に画像を定着させるもの。

この日は6月18日(木)から3日間にわたって行われている制作の最終日で、800×2,400cmの《夜桜》の右側部分を制作。横浜美術館のグランドギャラリー(エントランス)で、和紙による作品に火薬を配置した後に、豪快に爆破。室内が轟音と白煙に包まれる中、爆破跡がくっきりと残る作品を作り上げた。

《夜桜》は蔡國強が制作してきた火薬ドローイングの中では過去最大サイズ。7月11日(土)~10月18日(日)に横浜美術館で開催される「蔡國強展:帰去来」で披露される。


 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 企画展 桜花図譜と牧野富太郎
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社