インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  100年ぶりの大回顧展、「原田直次郎展」が埼玉県立近代美術館で開催中

ニュース

100年ぶりの大回顧展、「原田直次郎展」が埼玉県立近代美術館で開催中
(掲載日時:2016年02月16日)
埼玉県立近代美術館「原田直次郎展」

明治時代に活躍した洋画家、原田直次郎(1863-1899)の約100年ぶりとなる大規模回顧展が、さいたま市浦和区の埼玉県立近代美術館で開催されている。

原田直次郎は江戸小石川出身。高橋由一に学んだ後、ドイツのミュンヘンに留学。美術アカデミーで研鑽を積んだほか、画家のガブリエル・フォン・マックスに師事した。
帰国後は西洋絵画を排斥する動きが高まっていたが、「西洋画は益々奨励すべし」と奮闘。自宅に画塾を開き、展覧会へも出品して西洋絵画の普及に努めたが、36歳で夭折した。

原田直次郎の回顧展としては、直次郎と親交があった森鷗外が1909年にわずか1日限りの遺作展を開催。本展はそれ以降初めての大規模展で、ミュンヘンで描いた代表作《靴屋の親爺》などの作品や資料のほか、師弟関係や親交のあった画家の作品も交えて紹介し、その軌跡をたどる。

「原田直次郎展 ─ 西洋画は益々奨励すべし」は埼玉県立近代美術館で2016年3月27日(日)まで開催。観覧料は一般 1,100円、大高生 880円、中学生以下は無料。
 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
生誕300年記念 若冲展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 ルノワール展 ―描くことは生きる悦びー
日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展 2016年NHK大河ドラマ特別展 「真田丸」 江戸の奇才・歌川国芳「江戸のダジャレ旅」 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2015 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社