インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  万年筆の歴史と文化を総覧 ── 国立歴史民俗博物館で「万年筆の生活誌」

ニュース

万年筆の歴史と文化を総覧 ── 国立歴史民俗博物館で「万年筆の生活誌」
(掲載日時:2016年03月07日)
国立歴史民俗博物館「万年筆の生活誌 ─ 筆記の近代 ─ 」

2016年3月7日(月)、千葉・佐倉市の国立歴史民俗博物館で「万年筆の生活誌 ─ 筆記の近代 ─ 」のプレス向け内覧会が開催された。

万年筆の歴史や製作に必要な技術、装飾、さらにはふだんの暮らしのなかでの位置づけなどについて多角的に考察する企画展。

万年筆は明治時代に日本に輸入されはじめ、それまでの毛筆に代わって、公的な筆記具として広く用いられてきた。

展覧会では明治から大正期の古典的な万年筆や、貴重な国産万年筆メーカーのカタログ・看板などを展示。会場に設置された4Kディスプレイで、蒔絵万年筆を手に取るように鑑賞したり、気に入った万年筆の展開図を自由に選んで見ることもできる。

「万年筆の生活誌 ─ 筆記の近代 ─ 」は国立歴史民俗博物館で、2016年3月8日(火)~5月8日(日)に開催。観覧料は一般 830円、高校生・大学生 450円、小・中学生は無料。
 



東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
「怖い絵」展 特別展 地獄絵ワンダーランド ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢
六本木開館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド 2017 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 秘蔵の名品 アートコレクション展 佳人礼讃-うるわしの姿を描く- 2Dプリンターズ
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
8月1日(火)15時 投票開始!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社