インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想

レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想

■《ほつれ髪の女》が東京に
【会期終了】 静岡市美術館福岡市美術館と巡回していた「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」が、ようやく東京にやってきました。円熟期の傑作《ほつれ髪の女》は初来日です。
《モナ・リザ》で知られる巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチ。本展はダ・ヴィンチの作品と弟子との共作、弟子やレオナルド派と呼ばれた画家らの作品、約80点を通じて、ダ・ヴィンチの「美の系譜」に焦点を当てます。


レオナルド・ダ・ヴィンチとレオナルド派

メインビジュアルにもなっている目玉は、ダ・ヴィンチの《ほつれ髪の女》。《モナ・リザ》と同時期に描かれたとされる作品で、東京展のみでの公開となります。伏せた視線、わずかな陰影、憂いのある微笑み…ダ・ヴィンチ作品の中で最高の美とも称されている逸品です。


レオナルドの時代の女性像

会場の構成は“レオナルド・ダ・ヴィンチとレオナルド派”“レオナルドの時代の女性像”“「モナ・リザ」イメージの広がり”“「裸のモナ・リザ」、「レダと白鳥」”“神話化されるレオナルド”の5章。出品作品の約9割が日本初公開という点も注目です。


「モナ・リザ」イメージの広がり

ダ・ヴィンチといえば、やはりモナ・リザ。モナ・リザは制作年代や絵のモデル、注文主など、いくつもの謎が存在します。


《裸のモナ・リザ》

会場ではモナ・リザの謎にも焦点をあて、もうひとつのモナ・リザではないかという説もある《アイルワースのモナ・リザ》や、未だ発見されていないダ・ヴィンチによる《裸のモナ・リザ》に基づいて弟子のサライが描いたといわれる《裸のモナ・リザ》なども紹介します。

世界一有名な画家でありながら、分かっていないことも多いダ・ヴィンチの世界。展覧会の開催を記念し、《ほつれ髪の女》をイメージしたグッズや、ダ・ヴィンチの故郷をイメージした特別メニューなど、様々なコラボプランも登場しています。詳しくは公式サイトでご確認ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年3月30日 ]

ペンブックス1 ダ・ヴィンチ全作品・全解剖。

ペン編集部 (著, 編集), 池上英洋 (監修)

阪急コミュニケーションズ
¥ 1,575

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2012年3月31日(土)~6月10日(日) 4月23日(月)のみ休館
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : ハローダイヤル:03-5777-8600
HP : http://davinci2012.jp/
展覧会詳細へ レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 企画展 桜花図譜と牧野富太郎
パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右 手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社