インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展示「東日本大震災 報道写真展」

特別展示「東日本大震災 報道写真展」

■震災の現実と、記者の思い
【会期終了】 「震災の現実と、懸命に取材・報道する報道各社と記者の思いを写真を通じて来館者に届けたい」として、急きょはじまった報道写真展。振り返るにはあまりにも日が浅い出来事ですが、報道記者の強い思いが伝わってくる展覧会です。
メディアの多様化が進む中でも、新聞に接触している人の割合は91.3%(2009年 日本新聞協会調べ)。新聞は、依然として私たちの生活に密着しています。今回の東日本大震災でも、連日新聞紙上で報じられた報道写真は、私たちに大きな衝撃を与えました。

震災を受けて日本新聞博物館では、特別展示「東日本大震災報道写真展」が開催されています。展示されているのは、東北写真記者協会および東京写真記者協会加盟各社と、被災地域の新聞協会加盟社の記者が撮影した報道写真90点。会場は5階「現代ゾーン」前に設けられた特設コーナーですが、そこに繰り広げられるのは、胸が締め付けられるような現実です。

危険と隣り合わせで撮影された、次々に町を飲み込んで行く津波の連続写真。大爆発してオレンジ色の火柱を上げる製油所。津波に巻き込まれた車中から必死に逃げ出す男性。行方不明の息子の遺体を見つけてくれた救助隊員に深々と頭を下げる遺族。土葬される被害者に敬礼する自衛隊員など、言葉を失う一コマをカメラが切り取っていきます。

今回の震災では先進国・途上国を問わず世界中から大きな支援の声があがっていますが、報道写真が持つ力が、言語を超えて人々の背中を押したのかもしれません。筆者が取材に訪れたのは平日ですが、多くの来館者の方々が食い入るように写真を見つめていたのが印象的でした。

 


最後に、日本新聞博物館についてご紹介します。

日本新聞博物館は、日刊新聞発祥の地でもある横浜に2000年に開館。博物館がある横浜情報文化センターは、関東大震災の復興記念として建てられた商工奨励館を保存した歴史的建造物です。常設展示では新聞の歴史や新聞がつくられるまでを紹介。パソコンで新聞の製作体験ができる「新聞製作工房」なども併設されています。

取材当日には、小学生の団体が校外学習で訪れていました。子どもから大人まで楽しめる博物館です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年4月27日 ]

※写真の無断転載はご遠慮ください


<関連ニュース>
日本新聞博物館で[東日本大震災報道写真展]
石巻日日新聞 ワシントンの博物館で展示
東北地方太平洋沖地震 関連記事
地震による科学系博物館における被害状況調査
ミュージアム・図書館等の被災情報・救援情報
 
会場日本新聞博物館
開催期間2011年4月23日(土)~ 6月22日(水)
所在地 〒231-8311 神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター内
TEL : 045-661-2040
HP : http://newspark.jp/newspark/
展覧会詳細へ 特別展示「東日本大震災 報道写真展」 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 ルノワール展 ―描くことは生きる悦びー 日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展
2016年NHK大河ドラマ特別展 「真田丸」 江戸の奇才・歌川国芳「江戸のダジャレ旅」 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展 若林奮 飛葉と振動
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2015 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社