インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  横山大観展 ─ 良き師、良き友

横山大観展 ─ 良き師、良き友

■師・友との交流に着目
【会期終了】 東京国立近代美術館で開催中(10月14日まで)の竹内栖鳳展は、大きな話題を呼んでいます。近代日本画の両巨星といえば、西の栖鳳に対し、東はもちろんこの人です。
展覧会は年代順に3章構成。天心に出会った明治期、天心没後の大正時代の交流関係、大正末期~昭和初期の円熟期と進みます。

第1章は「良き師との出会い:大観と天心」。大観は入学した東京美術学校で生涯の師となる岡倉天心に出会い、天心が東京美術学校校長から排斥された「美術学校騒動」では天心と行動をともにします。

従来の線描重視から離れた大観の挑戦は「朦朧体」と揶揄され、貧苦を味わいないながらも研鑽を続けました。


第1章「良き師との出会い:大観と天心」

第2章は「良き友、紫紅、未醒(放菴)、芋銭、溪仙:大正期のさらなる挑戦」。本展で最多の作品が紹介されています。

大観の交友関係といえば、これまでは菱田春草や下村観山など、ともに天心から教えを受けた仲間との関係が有名ですが、本展では今村紫紅、小杉未醒(放菴)、小川芋銭、冨田溪仙という大正期以降の交友関係に着目。

芋銭以外の三人は大観よりかなり若輩ですが、大観は年齢に関係なく才能を認めた人々と交流しながら、自らの作風を発展させていきました。


第2章「良き友、紫紅、未醒(放菴)、芋銭、溪仙:大正期のさらなる挑戦」

展覧会メインビジュアル《秋色》(しゅうしょく)は、この章での紹介。大正6年の作品で、再興第4回院展に出品されました。

左隻には寄り添う雌雄二匹の鹿。蔦の紅葉を表した緑と朱色が屏風全体に広がり、実に艶やかな作品です。


横山大観《秋色》1917(大正6)年

大観の交友関係にスポットを当てた本展にふさわしい作品が、大観と下村観山、今村紫紅、小杉未醒(放菴)による合作《東海道五十三次絵巻》です。

彼らに表具師を加えた五名が、汽車に乗らずに人力車や馬車などで東海道を旅行、現地で写生をしながら各場面を描き継いで作りました。日本美術院の資金獲得を目的に、二組制作されています。


横山大観、下村観山、今村紫紅、小杉未醒(放菴)による合作《東海道五十三次絵巻》1915(大正4)年

そして3章が「円熟期に至る」。長い研究の末にさまざまな技法を身に着けた大観は、昭和期に入るとさらに充実。独特の世界観を確立していきました。

4人の良き友は、小杉未醒以外は大観より先に亡くなりましたが、大観は晩年まで盟友たちの作品を手許に置いて愛でていたと伝えられています。


3章「円熟期に至る」

第一回文化勲章受章者でもある横山大観。その作品はとても人気があり、所蔵者が大切にしているため長期間の展示は難しく、本展も会期は44日間ながら展示替えが行われます。展示作品については公式サイトをご確認ください。

なお、本展の音声ガイドを務めるのは竹中直人さん。松村克弥監督による映画「天心」で岡倉天心役を務めました。映画での横山大観役は中村獅童さん、こちらもぜひ。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年10月4日 ]

気魄の人 横山大観

別冊太陽編集部 (編集)

平凡社
¥ 2,520

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場横浜美術館
開催期間2013年10月5日(土)~11月24日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.taikan2013.jp/
展覧会詳細へ 横山大観展 ─ 良き師、良き友 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
プリンス&プリンセス ─ 語り継がれる幸せの言葉 生誕300年記念 伊藤若冲展 鷺宮地区遺跡群の発掘調査 トーマス・ルフ展
アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち 宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ 古屋一弘展 平成27年度奉納式年遷宮奉賛美術品展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社