インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  朝倉彫塑館がリニューアル

朝倉彫塑館がリニューアル

■和・洋が見事に調和、4年半ぶりに再開館
明治から昭和の日本彫塑界をリードした彫塑家・朝倉文夫。朝倉が晩年を過ごしたアトリエ兼住居「朝倉彫塑館」の保存修復工事が終わりました。
朝倉文夫は1883(明治16)年生まれ。東京美術学校(現東京藝術大学)を首席で卒業し、翌年、25歳で第2回文部省美術展覧会(文展)に出品した「闇」がいきなり2等賞を受賞。新進気鋭の彫塑家として華々しくデビューしました。

朝倉彫塑館は、朝倉文夫のアトリエ兼住居です。朝倉を記念する施設として以前から公開されていましたが、2008年に国の名勝に指定されたことを受け、耐震補強を含めた保存修復工事に着手。4年半をかけて、朝倉最晩年の昭和30年代当時の建物・庭園の姿に復原されました。


館内に入ってすぐ左側にある、大きなアトリエ。床下には深さ7.3メートルの電動昇降制作台があり、今回の保存修復工事で実際に動かせるようになりました。

朝倉彫塑館の建築の大きな特徴は、西洋建築と日本家屋が融合している事です。鉄筋コンクリートの打ちっぱなしであるアトリエ棟と、数寄屋造りの住居部分が違和感なく調和しています。

アトリエの奥に進むと、渡り廊下の左側には日本庭園「五典の水庭」が見えます。

朝倉はこの庭に仁・義・礼・智・信の五つの巨石を設置。自己反省の場として設計したとも伝えられています。


庭園は自然の湧水を利用しています。

建物は3階建て(アトリエは3層吹き抜け)。純日本風の居室からは、日本庭園が見下ろせます。

3階の和室「朝陽の間(ちょうようのま)」は応接の場として使われた和室です。赤味を帯びた壁は、細かく砕かれた天然石の瑪瑙(めのう)が塗られており、保存修復工事で瑪瑙を回収・洗浄し、再度塗り上げられました。


2階から見下ろした日本庭園と、3階の和室「朝陽の間(ちょうようのま)」

外部の通路には、豚の顔を象った噴水が。こちらも保存修復工事で、口から水が出るようになりました。

屋上には庭園が設けられています。朝倉がこの建物で彫塑塾を開いていた時は「園芸」が必修科目で、屋上で弟子が野菜を育てていました。


屋上で育てた野菜を、豚の噴水で洗っていたのでしょうか

朝倉自身が設計・監督した朝倉彫塑館は、大工や造園、銅板葺きなど、当代の名工が集まって技術の粋を結集して建てられました。いわば、館そのものが朝倉の作品ともいえる存在です。

一歩館内に入ると、とても東京とは思えないほどの落ち着いた佇まいですが、日暮里駅からわずか徒歩5分。リニューアルオープン記念は、朝倉文夫個人の蒐集作品を3期に分けて展示します(一般公開は2013年10月29日から)。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年10月17日 ]

東京の銅像を歩く

木下直之 (監修)

祥伝社
¥ 1,155

 
会場朝倉彫塑館
開催期間2013年10月29日リニューアルオープン
所在地 東京都台東区谷中7-18-10
TEL : 03-3821-4549
HP : http://www.taitocity.net/taito/asakura/
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 ルノワール展 ―描くことは生きる悦びー 日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展
2016年NHK大河ドラマ特別展 「真田丸」 江戸の奇才・歌川国芳「江戸のダジャレ旅」 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展 若林奮 飛葉と振動
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2015 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社