インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕130年 川瀬巴水展 ― 郷愁の日本風景

生誕130年 川瀬巴水展 ― 郷愁の日本風景

■人々の想いに応えた「昭和の広重」
【会期終了】 急速に衰退した浮世絵の再興を目指し、大正期はじめから作られた「新版画」。日本中を巡って風景画を描き、遂に「風景が版画に見える」までに至った川瀬巴水(かわせはすい)の生誕130年記念展が、千葉市美術館で始まりました。
絵描きとしては遅咲きの川瀬巴水。①跡取り息子のため若い頃は絵の道に進むことが許されなかった。➁鏑木清方に弟子入りを依頼するも「25歳では遅過ぎる」と門前払い。③やむなく白馬会で洋画を学ぶも、油絵には馴染めず。④再び清方に弟子入りを懇願してようやく入門が許可。この時点で、すでに27歳になっていました。

当初は美人画や風景画を手掛けていましたが、同門の伊東深水の木版画《近江八景》を見て感服。自分の進むべき道が、木版画で日本の風景を描く事であると、ようやく気が付きました。

時は1918(大正7)年。後に「昭和の広重」とまで称賛された木版画家・川瀬巴水が、35歳を迎えた年でした。


会場の冒頭から

巴水の成功は、その作品の大部分を手掛けた版元、渡邊庄三郎の手腕なくしてはあり得ませんでした。

浮世絵の良品が海外に流出し、同時代の木版画に見るべきものがない状況を憂いた渡邊は、新たに日本的な情緒を表現できる木版画を作れば必ず売れると、鋭く予見しました。

海外の人が求める、日本的な情緒を描ける画家。渡邊の眼鏡にかなったのが、川瀬巴水でした。

巴水は日本中を巡りながら、味わい深い風景を次々に描写。渡邊の判断は見事に的中し、巴水の新版画は、特にアメリカで爆発的にヒットしました。


代表的なシリーズのほか、スケッチや試摺など版画制作の過程も紹介されています

巴水の絵で特に人気が高かったのは、雪景色の寺社、番傘、和服の人物など。大正末~昭和初期の作品としては古めかしい画題です。ゆえに「広重の継承に過ぎない」と揶揄されたこともありますが、巴水は黙々と日本の風景を描き続けました。

関東大震災や敗戦を経て風景が大きく変わっていく中で、「日本はこうあって欲しい」という人々の想いは何なのか。巴水は誰よりも理解していたのです。

巴水は1957(昭和32)年に74歳で死去。死の直前まで手掛けていた作品は、雪の降るなかを一人石段を進む僧侶を描いた《平泉金色堂》でした。


戦時中に手掛けた日本軍を題材にした版画や、海外向けの月刊誌など。最期の作品は《平泉金色堂》

展覧会では「渡邊版 ─ 新版画の精華」も同時に開催中です。渡邊庄三郎の仕事を回顧する企画で、千葉市美術館の所蔵品の中から73点が紹介されています。

オーストリア人のフリッツ・カペラリ、山村耕花、名取春仙、吉田博らの作品とともに、巴水が感銘を受けた伊東深水の「近江八景」シリーズも展示されています。


同時開催の「渡邊版 ─ 新版画の精華」

巴水が没した5年後に、渡邊庄三郎も死去。残念ながら錦絵再興の流れを継ぐ者は現れませんでしたが、人々の願いに忠実に向き合った巴水の画業は、色あせることはありません。

なお、本展は全国に巡回します。大阪展(2014年2月26日~3月10日:大阪高島屋)、横浜展(3月19日~3月31日:横浜高島屋)、山口展(3月19日~3月31日:山口県立萩美術館・浦上美術館)、京都展(9月25日~10月6日:京都高島屋)、東京展(2015年1月2日~1月12日:日本橋高島屋)です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年11月28日 ]

※展示作品の版画は全て渡邉木版美術画舗蔵


 
会場千葉市美術館
開催期間2013年11月26日(火)~2014年1月19日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 生誕130年 川瀬巴水展 ― 郷愁の日本風景 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
ホキ美術館「画家の眼がとらえた美」
画家の眼が@ホキ美
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」
[エリアレポーター]
クローン文化財
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
[エリアレポーター]
狩野元信
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 開館120周年記念 特別展覧会 国宝 江戸の琳派芸術 画人繚乱
ハイチアート展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」 神道の形成と古代祭祀 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社