インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  観音の里の祈りとくらし展 ─ びわ湖・長浜のホトケたち ─

観音の里の祈りとくらし展 ─ びわ湖・長浜のホトケたち ─

■川に沈めて、田んぼに埋めて…
【会期終了】 滋賀県の東北部に位置する長浜市。周囲には伊吹山系の山々と琵琶湖が広がり、豊かな湖北平野と湖岸風景を持つ恵まれた環境のこの地には、観音菩薩像が濃密に分布しています。重要文化財を含む18軀の観音像、全て東京初お目見えです。
100を超える観音像が伝わる長浜市。平安期に天台宗が勃興、室町期には新仏教(浄土宗・曹洞宗・浄土真宗・時宗など)が勢力を伸ばし、戦国時代には天台寺院は衰退と、時代が大きく変わる中でも、この地の人々は宗派や宗旨の枠を超えて観音像を慈しんできました。

特に「近江を制する者が、天下を制す」と言われた戦国時代には、何度も大きな戦乱に巻き込まれましたが、その度に、ある時は川底に沈め、ある時は地中に埋めて、観音像は大切に守り伝えられました。


会場

極楽往生を助ける阿弥陀如来に対し、観音菩薩は現世利益をもたらす存在。手が届かない崇高なものというよりは、庶民の暮らしに近い仏像です。

本展には18軀の観音像が出展され、うち3点が国指定の重要文化財、9点は長浜市指定文化財という、大変貴重なラインナップになりました。


会場

展覧会のメインビジュアルになっているのが、重要文化財《千手観音立像》(日吉神社(赤後寺)・高月町唐川)。もとは頭上に11面、腕が42本ある典型的な観音像と思われていますが、大きく損傷しています。

地元では、厄を転じて利をほどこす像として信仰されており、参拝すればコロリと彼岸に行ける「コロリ観音」として親しまれています。


重要文化財《千手観音立像》(日吉神社(赤後寺)・高月町唐川)

さらに損傷が激しいのが《菩薩形立像》と《如来形立像》(ともに安念寺・木之本町西黒田)。その姿からでしょうか、「いも観音」と呼ばれています。

織田信長の兵火で被災した際、村人がいち早く運び出し、門前の田の中に埋め隠して焼失を免れた「いも観音」。「夏には子どもたちが川の水遊びで持ち出していた」というエピソードは、観音像と庶民の近さを物語っています。


《菩薩形立像》と《如来形立像》(ともに安念寺・木之本町西黒田)

観音信仰は今でもこの地に息づいており、造形的な巧拙や損傷の有無を超えて、自分たちの村のホトケに限りない誇りと親しみを持っています。

展覧会はわずか3週間ですが、長浜の人たちにとっては「たった3週間」ではなく、「3週間も」という感覚でしょう。庶民とともに歩んできた観音文化を振り返る、貴重な機会です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年3月20日 ]

びわ湖・長浜のホトケたち

長浜市長浜城歴史博物館 (著), 長浜市 (著)

東京藝術大学・長浜市
¥ 1,575

 
会場東京藝術大学大学美術館
開催期間2014年3月21日(金・祝)~4月13日(日)
所在地 東京都台東区上野公園12-8
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.geidai.ac.jp/museum/
展覧会詳細へ 観音の里の祈りとくらし展 ─ びわ湖・長浜のホトケたち ─ 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
「怖い絵」展 特別展 地獄絵ワンダーランド ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢
六本木開館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド 2017 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 秘蔵の名品 アートコレクション展 佳人礼讃-うるわしの姿を描く- 2Dプリンターズ
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
8月1日(火)15時 投票開始!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社