インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後150年記念 歌川国貞

没後150年記念 歌川国貞

■国芳・広重が憧れた、幕末浮世絵のスーパースター
【会期終了】 幕末の浮世絵師、歌川国貞(1786-1864)。同じ歌川一門の国芳や広重と"並ぶ"人気絵師、という失礼な紹介は止めてください。当時は文句なしのワントップ、不当な評価を覆すべく、名品だけを揃えた特別展です。
奇想の系譜に連なる歌川国芳(1798-1861)、傑作「東海道五十三次」を描いた歌川広重(1797-1858)。今では両者に比べると分が悪い印象の国貞ですが、当時の歌川派の頭領はまぎれもなく国貞。師匠の名を継いで三代豊国になったように、人気・実力ともに傑出した存在でした。

売れっ子だった国貞は、手掛けた作品も膨大。故に研究が進まず、超が付く人気絵師だったにも関わらず、総体的な地位が低くなりつつありました。

本年は国貞が没してからちょうど150年のメモリアルイヤー。作品の中から優品のみをセレクトし、浮世絵界のスーパースターに再びスポットライトを当てるべく企画された展覧会です。

まずは畳のエリアで肉筆浮世絵の紹介から(国貞は肉筆の優品も多くあります)。構成はほぼ年代順で、デビュー時から半世紀以上に及ぶ画業を振り返ります。

会場には、展覧会の準備中に発見された武者絵《熊谷次郎直実》も。国貞の武者絵としては最初期の部類に入る貴重な作品です(前期展示。後期は別の新発見作品《梶原源太景季》が展示されます)。


会場入口から 動画最後が新発見の武者絵《熊谷次郎直実》

22歳でデビューして間もなく頭角を現した国貞。29歳の頃には、既に師匠である初代豊国に匹敵する人気を得ていました。

文政期(1818-1830)には人気浮世絵師としての地位を確立。浮世絵の王道である役者絵と美人画で数多くのシリーズを手掛け、精力的に制作を続けました。


2階会場

本展で東京初公開となるのが、美人画の「高橋博信コレクション」。北海道立近代美術館が所蔵し、保存状態が良好な作品が多く含まれています。

美人画シリーズ「江戸美人尽」も、今回が約30年ぶりの展示となる珍しい作品。42図からなる下絵集ですが、何らかの理由で出版されませんでした。台紙に下絵と版下が並べて貼られ、各所に指示書きや紙を貼った直しの跡も見られる作品で、幕末の浮世絵制作の過程を考える上でも貴重な作例です。


「高橋博信コレクション」と「江戸美人尽」

「江戸文化の全てを描いた」と言われるほど何でも描いた国貞ですが、画面枠に注目して何点か紹介します。ユニークな形状は、国貞の遊び心とともに高いデザイン性が感じられます。

例えば「今風化粧鏡」は、鏡の中に映った女性を描いたシリーズ。「当世押絵羽子板」では、羽子板の形に役者の大首絵を配しています。さらに、草紙を開いた形の画面枠に役者の半身を描くという凝った揃物も紹介されています。


画面枠がユニークな作品の数々

会場地下は全盛期から晩年の作品。国貞を追いかけていた国芳や広重も後年には肩を並べ、1853(嘉永6)年には「豊国にかほ(似顔=人物画) 国芳むしや(武者) 広重めいしよ(名所)」と称されるまでになります。

二人は国貞より年少でしたが、先に死去。国貞と深い親交があった五代目市川海老蔵(1791-1859)にも先立たれますが、国貞は孤高の中でも晩年まで旺盛に創作を続けていきました。

明治まであと4年となった1864年に79歳で死去。江戸の浮世絵の終焉に相応しい生涯といえるかもしれません。


地下会場

「国貞抜きで19世紀の浮世絵を語ることはできない」とは、本展を監修した新藤茂先生(東京工芸大学大学院講師)。前後期で多くの作品が入れ替わりますので、半券提示で200円引のリピーター割引を使って、その全貌をお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年9月30日 ]

知識ゼロからの浮世絵入門

稲垣 進一 (著)

幻冬舎
¥ 1,365


■没後150年記念 歌川国貞 に関するツイート


 
会場太田記念美術館
開催期間2014年10月1日(水)~11月24日(月・祝) 
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 没後150年記念 歌川国貞 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ― 激動する浮世絵」
幕末・明治の浮世絵
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
千葉市美術館「小沢剛 不完全 ー パラレルな美術史」
小沢剛
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 色絵 Japan CUTE !  ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ― ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~ 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社