インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

■あの人気画家の自画像も
前身である東京美術学校の設立(1887年)から、ちょうど130年目を迎えた東京藝術大学。数々の優れた美術家を世に送り出すだけでなく、長い歴史の中で29,000件以上の芸術作品・資料を収集してきました。良く知られた名品から学生の卒業制作まで、幅広いコレクションの一端を紹介する展覧会が、東京藝術大学大学美術館で開催中です。
学生・教員の作品収蔵や、篤志家からの寄贈もあり、今なお成長を続ける藝大コレクション。もちろん喜ばしい事ですが、一方で全体像が把握しにくくなっているともいえます。

本展は130年という節目を機に、改めて藝大コレクションの意義を再考する企画。しばらく展示されていなかった作品が出る事もあり、まさに「パンドラの箱」を開けたような展覧会となりました。

まずは「名品編」と題して、古美術や日本画・洋画の名品を紹介。初期の東京美術学校では生徒の制作の参考として古美術品を購入しており、後に指定文化財になったものも少なくありません。戦前期までは同時代の作品を積極的に収蔵。明治期の美術作品は質・量ともに国内有数のコレクションとなっています。

奥では「平櫛田中コレクション」を展示。彫刻家の平櫛田中は自身の作品と収集した彫刻を藝大に寄贈しており、これらは定期的に公開されています。


会場(地下2階)

上階には、藝大コレクションの中核をなす卒業制作の数々が展示されています。第1回の卒業生は横山大観や下村観山ら(最初は洋画はありません)。美術史に残る大家が若かりし頃に描いた意欲作をまとめてみる事ができるのは、藝大コレクションならではの特徴です。

「現代作家の若き日の自画像」も、見せ場のひとつ。藝大コレクションには学生の自画像が6,000点以上ありますが、他館で開催される展覧会も含めて展覧会に出品されるのは青木繁や藤田嗣治などごく一部。今回は1950年代から1980年代に生まれた作家の自画像が紹介されています。千住博、福田美蘭、村上隆、山口晃、松井冬子ら、現在活躍中の作家がずらり。川俣正、会田誠らは、いわゆる「自画像」とはやや異なった表現です。

さらに、似た作品を並べた展示や、普段はあまり出ない石膏原型の展示、近年修復された作品も紹介。会場後半には藤田嗣治資料もあります。


会場(3階)

コレクションが膨大という事もあり、展覧会は2期に分けて開催。8月11日(金)から第2期に入ります。多くの作品が展示替えされていますので、ご注意ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月12日 ]



■藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた! に関するツイート


 
会場東京藝術大学大学美術館
開催期間第1期 2017年7月11日(火)~8月6日(日)、第2期 8月11日(金)~9月10日(日)
所在地 東京都台東区上野公園12-8
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2017/collection17/
展覧会詳細へ 藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた! 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
「怖い絵」展 特別展 地獄絵ワンダーランド ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢
六本木開館10周年記念展 おもしろびじゅつワンダーランド 2017 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 秘蔵の名品 アートコレクション展 佳人礼讃-うるわしの姿を描く- 2Dプリンターズ
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
8月1日(火)15時 投票開始!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社