インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後70年 北野恒富展

没後70年 北野恒富展

■「画壇の悪魔派」から、大阪画壇のリーダーへ
【会期終了】 美人画の名手として知られる、東京の鏑木清方、京都の上村松園。では大阪は? 北野恒富(1880-1947)は、関東ではあまり知られていないかもしれませんが、官展や院展で長く活躍し、明治から昭和まで大阪画壇を牽引した第一人者です。没後70年を記念した大回顧展が、千葉市美術館に巡回してきました。
北野恒富は金沢生まれ。師の稲野年恒は月岡芳年の門人なので、芳年の孫弟子という事になります。

画業の初期は新聞小説の挿絵や美人画ポスターなどを手掛けていましたが、明治43年(1910)の文展で初入選。翌年は三等賞となり、日本画家としての地位を固めていきます。

明治末から大正初期は、洋風の写実表現も取り入れ、妖艶で退廃的な作風。「画壇の悪魔派」は京都の画家たちによる命名ですが、特異な画風をうまく表しています。

恒富中期の代表作といえるのが《淀君》。この時期は洋画風の表現から離れ、浮世絵などを積極的に学習しました。大阪城落城寸前の淀君が闇に浮かぶ、恐ろしい傑作です。


第1章「「画壇の悪魔派」と呼ばれて ─ 明治末から大正、写実と妖艶さと ─」、第2章「深化する内面表現 ─ 大正期の実験とこころの模索 ─」

画業を通じて実験的な創作を厭わなかった恒富ですが、大正末期から昭和になると、その傾向は顕著になります。大胆な構図、斬新な配色、さらにモダンな感覚も加わり、多彩な作品を残しています。

中でも目を引くのが、再興第16回院展で好評を得た《戯れ》。緑あふれる画面の左下に、カメラを手に取る日本髪の舞妓。着物の緻密な描写と白い肌が映える、抜群のデザイン感覚です。


第3章「大阪モダニズム「はんなり」への到達 ─ 昭和の画境、清澄にして艶やか ─」

前述したように、もともと小説の挿絵や美人画ポスターは恒富の原点。日本画家として活躍してからは挿絵と離れた時期もありましたが、後に復活。谷崎潤一郎と親しく交わり、挿絵を新聞に連載しています。

当時の最先端メディアといえるのが、広告ポスター。購買意欲を高めるポスターが求められたこの時代、恒富が描いた二重瞼で大きな目の女性像はピッタリとはまり、恒富の知名度は大きく広がりました。


第4章「グラフィックデザイナーとして ─ 一世を風靡した小説挿絵とポスターの世界 ─」

会場後半には素描も。スケッチブックには、完成作の元となった人物像のほか、古美術の学習から風景までさまざまなものが描かれており、画家の実像が透けて見えます。

大阪画壇のリーダー的な存在になった恒富は、画塾「白耀社」を設立。多くの門下生を世に送り出しました。恒富の意思を受け継いだ次代の画家たちによる作品も、それぞれの個性が光ります。


第5章「素描」、第6章「画塾「白耀社」の画家たち ─ 大阪らしさ、恒富の継承者たち ─」

展覧会は、あべのハルカス美術館、島根県立岩見美術館と巡回して、千葉市美術館が最終会場です。11月3日~11月26日の前期と、11月28日~12月17日の後期で多くの作品が展示替えされますので、ご注意ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年11月8日 ]

大人の日帰り旅 ブラ歩き美術館&文学館大人の日帰り旅 ブラ歩き美術館&文学館

アーク・コミュニケーションズ (著)

KADOKAWA
¥ 1,296


■北野恒富 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2017年11月3日(金)~2017年12月17日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/1103/1103.html
展覧会詳細へ 没後70年 北野恒富展 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ― 激動する浮世絵」
幕末・明治の浮世絵
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
千葉市美術館「小沢剛 不完全 ー パラレルな美術史」
小沢剛
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 色絵 Japan CUTE !  ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ― ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~ 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社