インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

■世界的な大ヒットに至るまで
【会期は12/18まで】 2002年に短編アニメーション『ほしのこえ』で商業デビューしたアニメーション監督・新海誠(1973-)。15周年を記念した展覧会が静岡、長野を経て、国立新美術館に巡回してきました。国立の美術館で現役アニメーション映画監督の名を冠した展覧会が開かれるのは初めてです。
『君の名は。』の大ヒットで、一躍時の人になった新海誠監督。展覧会ではデビューからの6作品をひとつずつ紹介し、独特の世界観をつくってきた新海監督の歩みを振り返ります。

会場最初は、2002年のデビュー作『ほしのこえ』。会社勤めをしながらアニメーションを自主制作していた新海監督。会社を辞めてつくった『ほしのこえ』も、監督・脚本・絵コンテ・作画・美術など、制作のほとんどを新海監督がひとりで行いました。会場には当時の制作環境として、会社員時代に買い揃えた「Power Mac G4」も紹介されています。

SF的な世界観を持つ25分の作品。この時から、風景やアイテムなどは後の新海作品に通じる要素も見受けられます。


1章「ほしのこえ」

続く2004年の『雲のむこう、約束の場所』は、初の長編作品。集団での制作がはじまり、この作品で生まれた美術チームはその後の新海作品には欠かせない存在となりました。

2007年の『秒速5センチメートル』は、それまでのSF的な要素は陰を潜め、現実に起こりえる出来事だけを描いた作品。単館上映ながら異例のロングランとなり、今なお熱狂的な支持を集めています。

2011年の『星を追う子ども』は、「日本の伝統的なアニメ制作の方法で完成させる」ことを目指した作品。親しみやすい絵柄は、それまでの新海作品とはやや趣が異なります。

2013年の『言の葉の庭』は、男子高校生と年上の女性の恋模様を描いた作品。ターゲットを明確にするために企画書をつくり、「観客が求めているもの」と「自分が表現したいもの」がぴったり重なりました。

会場では、劇場作品以外の仕事も紹介されています。自主制作時代の作品から、企業とのコラボCMなど。「東京とそれ以外の場所で暮らす男女が後に出会う」というZ会のCMは、映画『君の名は。』のベースになりました。


2章「雲のむこう、約束の場所」、3章「秒速5センチメートル」、4章「星を追う子ども」、5章「言の葉の庭」

会場最後は、もちろん『君の名は。』。2016年の公開で、249億円を超える大ヒットを記録。日本だけでなく、世界各国でも高く評価されました。

出会うはずがない男女が入れ替わるという不思議な出来事が、美しい映像の中で進むストーリー。本展会場の国立新美術館も、映画の舞台になっています。日本のアニメーション界を代表するスタッフの参画に加え、制作初期からロックバンドのRADWIMPSが関わり、より魅力が深まりました。

会場最後には『君の名は。』制作時のPC環境(再現)も。やはりMACですが、『ほしのこえ』制作時とはだいぶ変わりました。


6章「君の名は。」

会場を通してみると、新海監督が作品をつくるたびに新たな課題を見つけて、次の作品へ反映していく事を繰り返している事が良くわかります。次の作品は「現代を舞台にしたいですし、東京を舞台にしたい」「たぶん、たくさん空を描くことになる作品になるんじゃないかな」との事。期待したいと思います。

展覧会は全国巡回で、東京展は3館目。この後は札幌芸術の森美術館に巡回します(2018年1月3日~2月25日)。

© 2016「 君の名は。」製作委員会
© Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
© Makoto Shinkai/ CMMMY

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年11月10日、メディア向け内覧会にて ]

君の名は。君の名は。

監督 新海誠

 
¥ 2,500

料金一般当日:1,600円円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■新海誠展 に関するツイート


 
会場国立新美術館 企画展示室2E
開催期間2017年11月11日(土)~12月18日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://shinkaimakoto-ten.com/tokyo/
展覧会詳細へ 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社