インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生賴範義展 THE ILLUSTRATOR

生賴範義展 THE ILLUSTRATOR

■ルーカスを唸らせた、迫真の描写
スター・ウォーズやゴジラのポスターで知られるイラストレータ-、生賴範義(おおらいのりよし:1935-2015)。臨場感あふれるパワフルな作品は多くのファンを魅了していますが、展覧会は地方開催にとどまっていました。2018年、ついに東京へ。会場は上野の森美術館です。
1973年から亡くなるまで宮崎に居を構えていた生賴範義。展覧会は初の大規模展「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」(2014年)をはじめ宮崎で3回、他は明石と大分で開催されたのみで、関東での開催も今回が初めてとなります。

会場は新聞広告が並ぶ通路を経て、書籍が積み上げられた「生賴タワー」へ。生賴は依頼された仕事を断らず、生涯で3,000点以上を描いたといわれます。

生賴の名を一躍世界に知らしめたのが「スター・ウォーズ / 帝国の逆襲」です。日本の雑誌に描いたスター・ウォーズの世界観がジョージ・ルーカス監督に評価され、国際版ポスターを担当。壮大なスケールを1つの画面で見事に表現しました。

1984年に復活した「ゴジラ」のポスターも、生賴が担当。生賴は平成版ゴジラまでの全13作品のうち、9作品の宣伝用ポスターの原画を描いています。


会場入り口から

続いて、生賴と縁が深かった三人の作家が紹介されています。

まずは小松左京。「復活の日」新装刊の表紙を描いたのが生賴です。巧みな構成と描写を見て、小松は日本人が描いたとは思わなかったそうです。

平井和正とのコラボは「ウルフガイ」の主人公、犬神明を描いた事がきっかけ。会場には「幻魔大戦」に登場するサイボーグ戦士“ベガ”の立体造形も展示されています。

生賴が出版分野に進出するきっかけになったのが、吉川英治です。1966年に手掛けた「吉川英治全集 三国志」の新聞全面広告は話題となり、以降も宮本武蔵など多くの人気作品に起用されました。


生賴と縁が深かった、小松左京、平井和正、吉川英治

会場2階は雑誌や戦史・戦記から。人物の内面まで描いたような肖像画は、月刊誌「現代」や「パーゴルフ」の表紙。飛行機や戦艦も得意としており、戦闘シーンは臨場感にあふれています。

徳間書店の「SFアドベンチャー」の表紙は、1980年から担当。西洋の神話や歴史に登場する魔女的な女性たちを、7年7カ月にわたって描きました。

展覧会の最後はオリジナル作品です。ひときわ目を引く大作は、荒々しく戦争の惨禍を描いた《破壊される人間》。鹿児島の川内歴史資料館に寄贈された作品で、1984年に同館が開館して以来、初の館外搬出です。


会場2階

自らを「真正なる画家」ではなく「生活のための肉体労働者」と称していた生賴。確かに、生賴の作品は大衆文化の中にありましたが、その影響力は燦然と輝きます。映画監督の樋口真嗣さんをはじめ多くの異才が、生賴の絵に魅せられ、新たな創造を生んでいったのです。

過去の展覧会にも出展されなかった作品も出ていますが、会期は僅かに1カ月弱です。ぜひ、上野まで。特に男子は必見です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月8日 ]

神話 THE BEAUTIES IN MYTHS/NEW VERSION神話 THE BEAUTIES IN MYTHS/NEW VERSION

生頼範義 (著)

復刊ドットコム
¥ 5,400

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■生賴範義展 に関するツイート


 
会場上野の森美術館
開催期間2018年1月6日(土)~2月4日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-3833-4191
HP : http://ohrai.net/
展覧会詳細へ 生賴範義展 THE ILLUSTRATOR 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
根津美術館「墨と金 ― 狩野派の絵画 ―」
墨と金
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
上野の森美術館「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」
生賴範義
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
21_21 DESIGN SIGHT「野生展:飼いならされない感覚と思考」
野生展
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 草乃しずか展 煌く絹糸の旋律 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯
鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます ファンタジーの王様 武井武雄展 ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち 色絵 Japan CUTE ! 
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
いよいよ投票開始!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社