インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

■東アジアを取り込んで
ハンガリーを代表する高級磁器窯、ヘレンド。1826年に創設、ハプスブルク家の保護を受けて「オーストリア帝室・ハンガリー王室御用達」として発展し、現在でも高い評価を得ています。開窯初期の希少な逸品から現在の製品まで、ヘレンド190年余の歴史を振り返る展覧会がパナソニック 汐留ミュージアムで開催中です。
ヘレンドの前身は、1826年に創設されたクリームウェア製陶所です。上質な陶器を作っていましたが、破損しやすい事もあり現存する作品はごく僅か。展展覧会は、当時の貴重な皿からスタートします。

現在に至るヘレンドの名声を築いたのが、モール・フィシェル(1799-1880)です。貴族たちが所有していた磁器セットの割れてしまった器の補充や、逸品の複製などを積極的に手掛ける事で、ヘレンドの技術は飛躍的に向上。また当時盛んに行われた国際的な博覧会にも参加し、優れた製品が注目を集めるようになります。

この時期に最も高い人気があったのは中国の磁器、次いで日本の磁器でした。欧州の他の名窯と同様、ヘレンドも東洋磁器の複製を作る中で、技術を徹底的に研究しました。忠実なコピーを作るとともに、東洋のモチーフを取り入れた独自の造形も手掛けていきます。


第1章・第2章

モール・フィシェルの息子たちの時代になると、従来の手法を引き継ぐ一方で、新しい製品開発も進めます。

セーヴル窯を意識した紺色の地に金彩を施したロココ風の装飾は、その一例。トロンプ・ルイユ(騙し絵)は絵画の手法ですが、立体版のトロンプ・ルイユとして、野菜や果物などを盛った器全体を陶器で表現したものもあります。

二重の器壁に透かし彫りの装飾を施した「ウエールズ」文は、この時代を代表する手法。高い技術に裏打ちされた豪奢な表現は、日本の明治工芸を思わせます。

柿右衛門のモチーフを取り入れた「ゲデレー」文は、オーストリア皇妃兼ハンガリー王妃エリザベートが愛したゲデレー宮殿で使うために作られました。


第3章

19世紀末のハンガリーは建国1000年祭を控えて、民族意識が高揚。ヘレンド窯でも民族的な装飾様式「ハンガリアン・ナショナル」文様が確立し、重要なモチーフとなりました。

ふたつの世界大戦の間には、それまでほとんど作られなかった磁器人形にも進出。ハンガリー彫刻の傑作を磁器で再現しました。

第二次世界大戦後にハンガリーが共産圏に入ると、ヘレンドも国有化されます。一時、贅沢品としての磁器製作から離れますが、1990年代には再び民営化。窯の見学者に向けた設備を整え、社内アトリエも開設し、現在でも技術とデザインの両面でさらなる進歩を続けています。


第4~7章

日本におけるヘレンド展は、1993-94年の「ハンガリーの名窯 ヘレンド陶磁名品展」、2000年の「ヘレンド ~ ドナウが育んだ名陶 皇紀エリザベートが愛した華麗なる輝き」以来3回目ですが、今回はブダペスト国立工芸美術館が所蔵する名品をはじめ、逸品が多数出展。過去最高のヘレンド展となりました。華やかな器の数々は、特に女性の熱い視線を集めそうです。

ふくやま美術館からはじまった巡回展で、パナソニック 汐留ミュージアムで5館目。東京展が最終会場となります。一部の作品は展示替えがあります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月12日 ]

美術展完全ガイド2018美術展完全ガイド2018

 

晋遊舎
¥ 1,080


■ヘレンド展 に関するツイート


 
会場パナソニック 汐留ミュージアム
開催期間2018年1月13日(土)~3月21日(水)
所在地 東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://panasonic.co.jp/es/museum/
展覧会詳細へ ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
ビュールレ C.
弥生美術館「昭和×東京下町セレナーデ 滝田ゆう展」
滝田ゆう
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 色絵 Japan CUTE ! 
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社