インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

■全作品が撮影可能です
イスラーム教発祥の地であるサウジアラビア。古来から交易路が張り巡らされ、人々が活発に往来したこの地には、数多くの遺跡や遺物が残されています。サウジアラビアが有する至宝をまとめて紹介する展覧会が、東京国立博物館 表慶館で開催中です。
展覧会では400件を超える文化財を紹介。「道」を切り口にした5章構成です。

第1章は「人類、アジアへの道」。旧石器時代には広い草原があったアラビア半島。アフリカで生まれた人類は、この地を経てアジアに広がっていきました。サウジアラビア南部のマカルにある新石器時代の遺跡からは、ウマを模したような石像も見つかり、注目を集めています。

第2章は「文明に出会う道」。紀元前2500年頃から、アラビア湾(ペルシャ湾)の沿岸は、メソポタミア文明とインダス文明をつなぐ海上交易で賑わいました。両手を胸の位置で重ねている人物像は、メソポタミア美術に見られる表現です。


第1章「人類、アジアへの道」、第2章「文明に出会う道」

第3章は「香料の道」。前1000年頃までにラクダによる運搬が広まると、内陸の交易都市も飛躍的に発展。多くの品々がアラビア半島を行き交うようになります。

大オアシス都市ダーダーン(現在のウラー)には、砂岩でつくられた巨像が。アラビア湾岸地域で発掘された墓からは、黄金のマスクも出土しました。

特徴的な文字が刻まれた墓碑も展示されています。現在のこの地ではアラビア文字だけが用いられていますが、以前はさまざまな文字文化が存在した事を示しています。


第3章「香料の道」

第4章は「巡礼の道」。イスラーム教の二大聖地であるマッカ(メッカ)とマディーナを擁するサウジアラビア。イスラーム教の広まりとともに巡礼路が整備されると、新たな拠点都市が繁栄しました。現在は荒廃してしまったラバザからは、色鮮やかな陶器の器が見つかっています。

第5章は「王国への道」として、現在のサウジアラビア王国ゆかりの品々を紹介。オスマン帝国やエジプトらとの争いを経て、サウジアラビア王国の初代国王となったのが、アブドゥルアジーズ王です。上衣や刀など、王の遺品も展示されています。


第4章「巡礼の道」、第5章「王国への道」

日本とも関係が深いサウジアラビアですが、同国の至宝をまとめて紹介する展覧会が日本で開催されるのは、今回が初めてです。

展示されている作品すべてが撮影可能というのは、なかなか画期的です。ぜひSNSで発信してください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月22日 ]

美術展ぴあ2018美術展ぴあ2018

 

ぴあ
¥ 950


■アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 に関するツイート


 
会場東京国立博物館 表慶館
開催期間2018年1月23日(火)~3月18日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tnm.jp
展覧会詳細へ アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
ビュールレ C.
弥生美術館「昭和×東京下町セレナーデ 滝田ゆう展」
滝田ゆう
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 色絵 Japan CUTE ! 
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社