インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-

■90年代、破竹のジャンプ旋風
創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」(創刊時は「少年ジャンプ」)の歩みを紹介する展覧会の第2弾がスタート。会場の森アーツセンターギャラリーに、653万部という金字塔を打ち立てた1990年代の熱気が溢れます。
3期に分けて開催される「週刊少年ジャンプ展」。昨年開催された「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」では『キャプテン翼』『キン肉マン』『北斗の拳』などを紹介して注目を集めました。

今回は1990年代がテーマ。この時期のジャンプに掲載されて人気を博した47作品が紹介されます。

2種の映像が流れるオープニングシアターを抜けると、早速、原画がずらり。前後期あわせて約400点という大ボリュームに加え、アニメ映像や、玩具などの関連グッズも展示されています。

とりわけ大きな空間で紹介されている作品は、順に『DRAGON BALL』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『ジョジョの奇妙な冒険』『幽☆遊☆白書』『ろくでなしBLUES』『SLAM DUNK』『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん』『遊☆戯☆王』。作品の世界観に合わせた演出も見ものです。



ジャンプが史上最大発行部数となる653万部を達成したのは、1995年3・4合併号。誌面が渦のように上空に舞い上がる「Jump Tornade」の展示は、当時の熱気をイメージしており、ここは撮影が可能です。

653万部という発行部数は、大手の全国紙(新聞)を軽く凌駕する数字。当時を思い起こせば、発売日の朝の電車では、学生も会社員もジャンプを読んでいた記憶があります。

ちなみに、この号の巻頭作品は『SLUM DUNK』の207話「真っ向勝負」。豊玉戦の後半がスタートしたところでした。『DRAGON BALL』は、偶然にも500話ジャストです。

会場最後の「Jump to 2000s」には、90年代にデビューし、2000年代のジャンプでブレイクするマンガ家たちをピックアップ。島袋光年、許斐剛、久保帯人、岸本斉史、尾田栄一郎の各氏が見せるその後の活躍が、次回「ジャンプ展VOL.3」に繋がっていきます。

もちろん、今回もオリジナルグッズが多数登場。なかには在庫僅かの商品もあるので、公式サイトでご確認ください。



まさに破竹の勢いだった、90年代のジャンプ旋風。王者の進撃は、この後も進みます。第3弾となる「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 ─ 2000年代~、進化する最強雑誌の現在 ─」は、2018年7月17日(火)~9月30日(日)に開催。次回も、このコーナーでご紹介する予定です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年3月15日 ]



■ジャンプ展 に関するツイート


 
会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2018年3月19日(月)~6月17日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://shonenjump-ten.com
展覧会詳細へ 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃- 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-」
ジャンプ展VOL.2
名探偵コナン 科学捜査展 ~真実への推理(アブダクション)~
コナン科学捜査展
百花繚乱列島 江戸諸国絵師(うまいもん)めぐり
百花繚乱列島
弥生美術館「セーラー服と女学生」
セーラー服と女学生
横浜美術館「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」
ヌード NUDE
国立科学博物館「人体 -神秘への挑戦-」
「人体」展
東京富士美術館「河鍋家伝来・河鍋暁斎記念美術館所蔵 暁斎・暁翠伝」
暁斎・暁翠伝
東京都美術館「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」
プラド美術館展
国立歴史民俗博物館「世界の眼でみる古墳文化」
世界の眼でみる古墳
国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
ビュールレ C.
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
三菱一号館美術館「ルドン−秘密の花園」
ルドン
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
エリアレポーター 京都国立近代美術館「明治150年展 明治の日本画と工芸」
[エリアレポーター]
池大雅
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」
[エリアレポーター]
《序の舞》への系譜
エリアレポーター 国立科学博物館 特別展「人体 -神秘への挑戦-」
[エリアレポーター]
人体
エリアレポーター あべのハルカス美術館「生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち」
[エリアレポーター]
東郷青児展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター MIHO MUSEUM「猿楽と面 大和・近江および白山の周辺から」
[エリアレポーター]
猿楽と面
エリアレポーター 横浜美術館「NUDE-ヌード 英国テート・コレクションより」
[エリアレポーター]
NUDE-ヌード
エリアレポーター 京都国立近代美術館「明治150年展 明治の日本画と工芸」
[エリアレポーター]
明治の日本画と工芸
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
マルセル・デュシャンと日本美術 ルドン−秘密の花園 応援ありがとうございます!羽生結弦展 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
生誕150年 横山大観展 特別展「人体 -神秘への挑戦-」 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 東西美人画の名作 《序の舞》への系譜
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社