インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち

印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち

■最後の展覧会の後の印象派は?
【会期終了】 1874年に最初の展覧会を開催した印象派。そのグループとしての活動は長くは続かず、1886年の第8回展で終焉を迎えます。その後の印象派はどうなったのか、次世代の画家たちとの関係にも着目した展覧会がポーラ美術館で開催中です。
ルノワールの作品を16点、モネの作品を19点も所蔵し、「印象派の美術館」としても有名なポーラ美術館ですが、企画展で印象派をテーマにするのは、実に7年ぶり。

ただ今回は、印象派の中心的な立場にあったルノワールとモネが印象派を離れて以降の「印象派の行方」にスポットを当てた企画展です。


冒頭のモネとルノワール

展覧会は「1886年 ゆらぐ印象派」と「1900年以降 次世代のまなざし」の2部構成。第1部では、印象派グループを離れたルノワールとモネ、1886年に開かれた最後の印象派展で反響を呼んだスーラとシニャック、独自の探究の道に入ったセザンヌらを紹介。第2部ではモネとフォーヴィスム、ボナールとモネやルノワール、マティスとルノワール、ピカソとルノワールを比較するように取り上げ、画家同士の関係性に着目しています。


ボナールとモネ

画家同士のエピソードは、ボナールのアトリエの壁には自作と交換して手に入れたルノワールによる裸婦が飾られていたり、シニャックは16歳でモネの個展を見て感動して面会を申し入れたりと、興味深いものばかり。知った上で作品を見ると、今までと違った印象で見えるかもしれません。

「印象派と次世代の画家たちの人物相関図」は、公式サイトにもPDFで掲載されています。展覧会に行く前ご覧いただくことをオススメします。


マティスとルノワール

館内のレストラン「アレイ」では、今回も企画展にあわせた限定メニューをご用意。スープ「ブイヤベース アレイ風」+メインディッシュ「鶏のロースト」+デザート「クレームブリュレ」で、名付けて「ルノワール家のごちそう」です(2,730円)。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年2月10日 ]
 
会場ポーラ美術館
開催期間2012年1月21日(土)~7月8日(日)
所在地 神奈川県箱根町仙石原小塚山1285
TEL : 0460-84-2111
HP : http://www.polamuseum.or.jp/index.php
展覧会詳細へ 印象派の行方 モネ、ルノワールと次世代の画家たち 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
インターネットミュージアム検定
取材レポート
皇室がご覧になった展覧会
2016年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
ルノワール展 ―描くことは生きる悦びー 特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展 江戸の納涼 奇々怪々 お化け浮世絵展
プリンス&プリンセス ─ 語り継がれる幸せの言葉 ようこそ地獄、たのしい地獄 青 ─近現代の青磁─/ 風景画展 ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2015 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード2016 干支コレクションアワード「猿」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2016 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社