インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 「貴婦人と一角獣展」

フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 「貴婦人と一角獣展」

■謎めいた魅力、堂々来日
【会期終了】 鮮やかな赤の地に、細かな装飾。西洋中世美術の最高傑作との呼び声も高いタピスリーが来日しました。おそらく二度目はないと思われるこの機会、見逃せません。
《貴婦人と一角獣》の来日、西洋美術史ファンは大きな驚きをもって聞いたことでしょう。フランスのクリュニー中世美術館所蔵のこの作品、同館に130年前に所蔵されて以降、なんと国外への貸し出しは過去一度だけ。1973年から74年のアメリカのメトロポリタン美術館以来、実に40年ぶりとなります。


会場全体

6枚の連作タピスリーに描かれているのは、人間の持つ五感『触覚』『味覚』『嗅覚』『聴覚』『視覚』それぞれを主題にしたものと、謎めいた『我が唯一の望み』という主題の一点です。


《視覚》

6作目の『我が唯一の望み』が何を意味しているかは、今も謎のまま。愛や結婚など諸説あります。美しく豪華なタピスリー貴婦人の衣服や装飾品の細かな描写にも、是非注目してご覧ください。


《我が唯一の望み》

今回の展示は《貴婦人と一角獣》を中心に、それを取り巻く様々な要素を同じくクリュニー中世美術館の所蔵品で読み解いていきます。

大きなホールのようなタピスリーの展示室とその周囲は、行き来が可能。タピスリーに描かれたモティーフを読み解くエリアは、「服飾と装身具」「楯形紋章と標章」「中世における五感と第六感」「1500年ごろのタピスリー芸術」のエリアに分かれます。こちらもすべて日本初公開の作品です。


Ⅱ-6 1500年頃のタピスリー芸術

《貴婦人と一角獣》は大きなタピスリーですが、細かな千花文様(ミルフルール)の鮮やかさ、美しさも必見です。千花文様とともに描かれたかわいらしい動物達や、作品の細部まで堪能できるヴァーチャルリアリティシアターもあります。

東京展は7月15日まで。その後、大阪の国立国際美術館で7月27日から10月20日まで展示されます。西洋中世美術の世紀の来日、お見逃し無く。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2013年4月23日 ]



料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon
会場国立新美術館企画展示室2E
開催期間2013年4月24日(水)~7月15日(月・祝)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.lady-unicorn.jp/
展覧会詳細へ フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 「貴婦人と一角獣展」 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
草間彌生 わが永遠の魂 シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才 屏風にあそぶ春のしつらえ 総合開館20周年記念 夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編
N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅 戦国時代の女性のくらし エリック・カール展 アスリート展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社