インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  磯江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの異才

磯江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの異才

■磯江毅は夭折した。だが、絵は残った。
【会期終了】 大阪に生まれ、単身でスペインに渡って油彩による写実絵画を探求、スペイン名「グスタボ・イソエ」として成功をおさめましたが、2007年に53歳で急逝した磯江毅(いそえつよし)。初の本格的な回顧展が、練馬区立美術館で始まりました。
磯江毅は1954年、大阪生まれ。大阪市立工芸高等学校を卒業後、本場で西洋美術を学びたいと志し、1974年、20歳のときに単身でスペインに渡り、以後30年余に渡って油彩による写実絵画を探求します。

デッサン研究所や王立美術学校で学ぶかたわら、プラド美術館で模写に没頭。西洋美術の技法を着実に習得していきました。確かな技法に裏付けられた作品は徐々に注目を集めるようになり、1978年にはマドリードの由緒ある公募展で2等を受賞、1981年には当時のスペイン最大のコンクール「バルセロナ伯爵夫人賞展」で名誉賞を受賞するなど、マドリード・リアリズムの俊英画家として高い評価を確立していきます。

展覧会場

裸婦や静物画に現れたそのリアリズム表現は、まさに徹底的。「写真と見間違えるよう」という表面的なことだけではなく、その事物が内包している性質や、経てきた時間までも表現していく、作者の執念が伝わってくるような作品群です。本展では初期から絶作までの代表作、約80点を一堂に集めました。

磯江は1996年には日本にもアトリエを構え、スペインと日本を行き来しながら活動するようになります。2005年には広島市立大学芸術学部の教授に就任、日本での活躍も期待されましたが、2007年に惜しくも53歳で病没してしまいました。

数々のデッサン

「これほど時代を超えた写実があろうか。磯江毅は夭折した。だが、絵は残った。」(作家・佐伯泰英  ─ 展覧会のフライヤーより)

50歳になってからもマドリードの美術解剖学の講義に出席し、身体の研究を続けた磯江。徹底した研究と卓越した技術で、対象の精神に切り込んでいった稀有な画業は、色あせることがありません。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年7月12日 ]

増補 磯江毅|写実考

磯江毅 (著)

美術出版社
 

 
会場練馬区立美術館
開催期間2011年7月12日(火)~10月2日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 3577-1821
HP : http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会詳細へ 磯江毅=グスタボ・イソエ マドリード・リアリズムの異才 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 企画展 桜花図譜と牧野富太郎 パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右
手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂 三井家のおひなさま
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社