インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで

実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで

■奇才の趣味人、実相寺昭雄ワールド
【会期終了】 個性的な演出はエキセントリックと称され、時に会社上層部との軋轢を生みながらも独自の世界を築いた、映画監督・実相寺昭雄(じっそうじあきお)。ウルトラマンから映画、CM、オペラ。電車少年かつ音楽少年。枠に収まりきらない奇才の魅力に迫る展覧会が、川崎市市民ミュージアムで開催中です。
特撮テレビ番組「ウルトラマン」シリーズの監督として知られる、実相寺昭雄(1937~2006)。生前は川崎市の百合ヶ丘に在住していた縁で、没後、作品や台本、スケッチ、写真などの関連資料が川崎市に寄贈されました。今回の展覧会では映画・映像作品の資料から愛用品や書画までを展示し、実相寺ワールドを多面的に紹介していきます。

実相寺昭雄は1934年にTBSテレビに入社。ドラマや歌番組を手がけますが、斬新な演出はなかなか理解されませんでした。年末番組では美空ひばりを超クローズアップにしたかと思うと豆粒ほどに小さく撮るという大胆さで、そのスタイルは何度も局内の顰蹙を買い、次第にTBS内での居場所を失ってしまいます。

ウルトラマン撮影時の絵コンテや台本など。

そんな実相寺の才能を認めていたのが、円谷一(はじめ)。特撮の神様である円谷英治の長男で、TBSの先輩でもあった円谷一の計らいで実相寺は円谷プロに派遣され、その才能を活かしはじめます。ウルトラマンシリーズでは「故郷は地球」(ウルトラ怪獣はジャミラ)、「怪獣墓場」(同シーボーズ)などを監督。その作品は子ども番組でありながらテーマ性が強く、実験的な手法も取り入れられています。

1979年には11年務めたTBSを退社。同年、監督した映画「無常」はロカルノ国際映画祭でグランプリを受賞するなど、活動の場を大きく広げていきました。その後もCMやテレビ番組、映画などを演出。14歳の薬師丸ひろ子を起用した資生堂の口紅CM、大作映画「帝都物語」など、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

自筆の絵画。とても味があります。

また実相寺は、十代の頃から東京交響楽団の定期演奏会に足を運ぶなど、熱心な音楽少年でもありました。音楽にまつわる仕事は喜んで手がけており、中でも2005年に手がけたオペラ「魔笛」は、衣装デザインに漫画家(加藤礼次郎)を起用したり、ウルトラ怪獣が登場するなど、大胆な演出は賛否両論を呼びました。ふだんオペラとは程遠い客層を掘り起こすことに成功し、実相寺の死後も繰り返し再演されています。

多趣味で知られる実相寺は、映像監督や音楽関連以外にも小説、紀行文、エッセイの執筆から、果ては食玩「昭和情景博物館」の監修まで、幅広く活躍し続けました。会場には実相寺へのメッセージボードも置かれ、死してなおファンを魅了し続ける実相寺に、数多くのメッセージが残されていました。

 


川崎市市民ミュージアムは1988年に開館した博物館と美術館の複合文化施設です。博物館は川崎の成り立ちと歩みを考古、歴史、民俗などの資料で紹介、美術館はポスター、写真、漫画、映画、ビデオなど近現代の表現を中心に紹介しています。陸上競技場や野球場、アリーナ施設などを備えた広大な等々力緑地内にあり、ジョギングや散歩に来ている市民の姿も多く見かける、地域に愛されている施設です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年7月26日 ]
 
会場川崎市市民ミュージアム
開催期間2011年7月16日(土)~9月4日(日)
所在地 神奈川県川崎市中原区等々力1-2
TEL : 044-754-4500
HP : http://www.kawasaki-museum.jp/
展覧会詳細へ 実相寺昭雄展 ウルトラマンからオペラ「魔笛」まで 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社