インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

■大作屏風は東京初登場
【会期終了】 1716年、江戸では将軍が7代家継から8代吉宗に、元号が正徳から享保に変わったこの年に、京都と大阪でふたりの天才絵師が生まれました。今年は数えでちょうど生誕300年、代表作・新出作を揃えた展覧会です。
尾形光琳が亡くなった年でもある1716年。江戸画壇にとってはターニングポイントの年ともいえます。

伊藤若冲は、京都の青物問屋生まれ。いつから絵を習いはじめたのかはっきりしませんが、40歳で隠居してからは制作に没頭しました。

対する与謝蕪村は、摂津(大阪)の農家生まれ。江戸で俳諧を学び、いったん僧侶に(後に還俗しました)。36歳以降には本格的に絵を描きはじめています。


第一展示室入口から

展覧会のメインはもちろん若冲と蕪村の作品ですが、この時代の日本美術を語る上で、中国絵画からの影響を外す事はできません。若冲は元明代の中国絵画に学び、蕪村もまた明清代の中国絵画を意識していたようです。

1731年には清から沈銓(沈南蘋)が渡来。ふたりが16~17歳の時に長崎に滞在した沈銓は、精緻で華麗な彩色画を描き、硬直化していた江戸時代の画壇に新風を吹き込みました。

宝暦年間に描かれたふたりの作品からは、沈南蘋からの影響も明らか。会場には中国・朝鮮画や、同時代の長崎派の絵画も並びます。


第5章「中国・挑戦絵画からの影響」

展覧会の目玉といえるのが、伊藤若冲《象と鯨図屛風》。吹き抜けホールに展示されています。陸の王者と海の王者を、大胆なフォルムで描いた作品です。隣の与謝蕪村《山水図屛風》とともにMIHO MUSEUMの所蔵。前者は2009年、後者は2008年に同館で初公開されましたが、東京には初お目見えとなります。

蕪村は晩年に若冲が住む京都・四条烏丸に転居。かなり近くに住んでいたものの、今のところ二人が直接交わった記録は見つかっていません。ただ、池大雅や丸山応挙など共通の知人がいたため、なんらかの交流はあったのかもしれません。


第2展示室と、第6章「隣り合う若冲と蕪村 ─ 交差する交友関係」

晩年になっても力強く制作を続けたふたり。若冲は「米斗翁」、蕪村は「夜半翁」「謝寅」という画号を用い、充実した作品を数多く残しています。

蕪村は1784年、68歳で死去。若冲は1800年、85歳で死去。蕪村は45歳頃結婚して一人娘をもうけましたが、若冲は生涯独身でした。


第7章「翁の時代」

会期が細かく6期に分かれている本展。《象と鯨図屛風》は全期間展示ですが他は大きく変わりますので、公式サイトでご確認の上、お出かけください。

東京展の後は、MIHO MUSEUM(7月4日~8月30日)に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月17日 ]

Pen(ペン) 2015年 4/1 号 [若冲を見よ] Pen(ペン) 2015年 4/1 号 [若冲を見よ]

 

CCCメディアハウス
¥ 720

料金一般当日:1,300円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場サントリー美術館
開催期間2015年3月18日(水)~5月10日(日)
所在地 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL : 03-3479-8600
HP : http://suntory.jp/SMA/
展覧会詳細へ 生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
遥かなるルネサンス エリック・カール展 はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ― ベルギー奇想の系譜展
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 漆芸の未来を拓く-生新の時2017- 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社