インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国産顕微鏡100年展 ~世界一に向けた国産顕微鏡のあゆみ~

国産顕微鏡100年展 ~世界一に向けた国産顕微鏡のあゆみ~

■ドイツに追いついた国産顕微鏡
【会期終了】 約420年前に誕生した顕微鏡。日本では江戸時代以降、長らく輸入顕微鏡が使われてきましたが、1914(大正3)年、現代につながる国産顕微鏡「エム・カテラ」が誕生しました。今年度はちょうど100周年のメモリアルイヤー、記念展が国立科学博物館で開催中です。
ちょうど100年前に誕生したエム・カテラ。変わった名前は、開発に関わった松本福松(M)、加藤嘉吉(KA)、寺田新太郎(TERA)から命名されたものです。国内産業振興のために開かれた東京大正博覧会に出品され、工業的にも成功。現代につながる国産顕微鏡の歴史は、ここに始まりました。

日本館1階中央ホールには、エム・カテラをモデルにしたジャイアント顕微鏡も登場。その前には、本物のエム・カテラも展示されています。


エム・カテラと、ジャイアント顕微鏡

会場は、まず日本館1階常設展の顕微鏡コーナーから。日本には江戸時代半ばに顕微鏡が伝わり、観察した雪の結晶が着物や工芸の意匠として流行するなど、江戸時代の人々にとっても顕微鏡で見る世界は身近な存在でした。

天明年間(1781-89年)には国産顕微鏡も作られていますが、もちろん当時の国産顕微鏡は工業製品と呼べるものではありません。


プロローグ「顕微鏡事始め」

明治になると性能が良い顕微鏡が続々と輸入されるようになり、さらに顕微鏡は広まります。密接な関わりがあったのは、当時の日本の主力産業であった養蚕業でした。

顕微鏡は蚕卵紙(蚕の卵を産み付けた紙)の良否を判断したり、蚕の病気を検査するために利用。その検査方法は出版物で紹介されたため、顕微鏡は日本各地に普及していきます。


携帯用の筒型顕微鏡も、養蚕などで用いられました

エム・カテラの誕生以後は、その技術を継承した顕微鏡製造会社が次々に誕生。戦後はさらに多くの会社が顕微鏡を手掛け、現在では長い間世界をリードしてきたドイツ製顕微鏡と競う水準まで至りました。

会場には戦前に昭和天皇に献上された顕微鏡から現代の顕微鏡までずらり。科博の展示らしく、顕微鏡を覗けるコーナーも用意されています。


代表的な機種が並びます

日本人の精密光学機器製造に関する適正と持ち前の勤勉さから、100年足らずで世界トップレベルになった国産顕微鏡。今後も、さらに限界を超えるような光学顕微鏡の開発が期待されます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月2日 ]

顕微鏡セット マイクロスコープ (小学校向き)顕微鏡セット マイクロスコープ (小学校向き)

コロナ・ブックス編集部 (編集)

平凡社
¥ 1,680


■国産顕微鏡100年展 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2015年3月3日(火)~2015年4月19日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.kahaku.go.jp/event/2015/02microscope/
展覧会詳細へ 国産顕微鏡100年展 ~世界一に向けた国産顕微鏡のあゆみ~ 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち 特別展 地獄絵ワンダーランド
ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 「コミュニケーションと孤独」 平成をスクロールする 夏期 2Dプリンターズ 「怖い絵」展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社