インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展示「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」

企画展示「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」

■ヨーロッパに持ち帰った日本の品々が里帰り
【会期終了】 江戸時代後期に二度に渡って日本を訪れた、ドイツ人の医師・博物学者、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(1796-1866)。近代的な医学を日本にもたらす一方で日本から多くの資料を持ち帰り、後世の「日本学」にも大きな影響を与えました。収集した資料を通じてシーボルトの描いた日本像に迫る展覧会が国立歴史民俗博物館で開幕。シーボルト事件の新資料も初公開されています。
大学卒業後に軍医となったシーボルト。バタヴィア(現インドネシア・ジャカルタ)へ旅立ち、後に出島のオランダ商館付の医師として、日本へ派遣されました。

オランダ本国の要請で、西洋医学などの知識と引き換えに日本を調査したシーボルト。日本の女性・其扇(そのぎ・楠本たき)、二人の間に生まれた女児いねとともに出島で暮らし、滞在中にさまざまの資料を収集しました。


第1章「日本に魅せられた男、シーボルト」

シーボルトが初来日した1823(文政6)年は11代将軍家斉の治世。徐々に変化の兆しは現れていたものの、まだ幕府の権威も強く、外国人の行動も制限されていました。

シーボルトは私塾を開設して西洋医学や自然科学を教授。門弟には課題も与え、提出された論文はシーボルトの日本研究にも役に立っています。

最初の来日から帰国する準備中に起こったのが、有名なシーボルト事件です。所持品から、国外に持ち出すことが禁じられていた日本地図が見つかったこの事件で、関係者は処罰され、シーボルトは国外追放になりました(後に日蘭修好通商条約の締結で処分は解除、二度目の来日を果たします)。

地図は幕府に没収されましたが、最近になって写しと見られる地図が子孫宅から見つかりました。伊能忠敬の測量によってつくられた地図を写したと見られるこの地図、日本では初公開となります。


第2章「シーボルトの日本研究」

帰国したシーボルトは、前述した書籍の出版のほか、日本から持ち帰った品々の展示を始めました。

最初の訪日後には、自邸でコレクションを公開。二度目の訪日ではさらに多くの民族学的資料を収集しました。

シーボルトはバイエルン国王ルートヴィッヒ1世に対し、民族学博物館設立の計画草案を提示しています。12項目からなるこの案は、各民族の本質を比較した上で、学術的な研究を目的とした機関を設けるように説いており、これは現代にも繋がる開明的な思考。一方で、これらの施策は民地政策や貿易政策にも役立つとも言及しています。


第3章「シーボルトの日本展示と民族学博物館構想」

今回のメインは第4章。ミュンヘンの宮殿で1866年に展示されたシーボルト最後の日本展示を、残された資料をもとに再現しました。ミュンヘンでは会場7室の中で、3つの空間が日本の展示。残りは中国・インド・東南アジア・アフリカ・オセアニア・先史時代・アメリカなどの展示ケースが配置されました。

日本展示の目録を参照すると、展示された資料は実に1,565件。展覧会ではできるだけシーボルトによる構成を守りつつ、約200件の資料を並べています。

なお、150年前には展示されたものの、今回は展示できなかった資料については、デジタルコンテンツで見る事ができます。大型スクリーンのタッチパネルでお楽しみください。


第4章「ようこそシーボルトの日本博物館へ」

シーボルトについて、その行動がスパイのように言及される事も少なくありません。前述したように、確かにシーボルト自身も植民政策にも有用としていますが、これは王=スポンサーに向けての発言である事にも注意が必要です(費用を得るための理由づけの可能性があります)。

帰国後には情熱的に日本の研究と紹介を続けたシーボルト。三度目の訪日も熱望しましたが、残念ながら想いはかなわず、70歳で死去しています。その行動を追うと、植民政策に根ざした野心よりも、学者としての探求心の方を私は重く感じましたが、いかがでしょうか?

展覧会は、国立歴史民俗博物館からスタートする巡回展。千葉の後は東京、長崎、名古屋、大阪と巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年7月11日 ]



■シーボルトの日本博物館 に関するツイート


 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2016年7月12日(火)~9月4日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.rekihaku.ac.jp
展覧会詳細へ 企画展示「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 企画展 桜花図譜と牧野富太郎 パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右
手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂 三井家のおひなさま
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社