インターネットミュージアム

美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム www.museum.or.jp

   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ティツィアーノとヴェネツィア派展

ティツィアーノとヴェネツィア派展

■水の都で輝く色彩
【会期は4/2まで】 アドリア海に面し、海洋貿易で発展したヴェネツィア。東西文化の交流地点となったこの地は、ローマやフィレンツェに匹敵するルネサンス美術の中心地として繁栄しました。本展ではヴェネツィア・ルネサンスの巨匠ティツィアーノを軸として、ヴェネツィア派の流れを展観します。
ルネサンス期のヴェネツィア美術は、2つの工房によって発展しました。特にヤコポ・ベッリーニの工房は、後にティツィアーノをはじめとする優れた画家を輩出しました。

海に囲まれ、湿気の多いヴェネツィアは、当時主流だった壁に漆喰を塗って描くフレスコ画が適さず、カンヴァスに油彩で描かれた作品が多数残っています。


「Ⅰヴェネツィア、もう一つのルネサンス」会場風景

美しい女神《フローラ》は、2フロア目で出迎えてくれます。美しい金髪、艶やかな肌の表現など、ティツィアーノの卓越した技術で描き出される女神はため息が出るほど。フローラはローマ神話の花の女神で、右手には花を持っています。その指に小さな指輪が描かれていることから、結婚の寓意画とも言われます。


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《フローラ》1515年頃 フィレンツェ ウフィツィ美術館

ベッドに横たわる魅力的な裸婦像は、ローマ神話の《ダナエ》。王侯貴族からの注文で描かれた作品です。ダナエやレダなどのローマ神話は、より美しく官能的な裸婦を描く口実としてルネサンスの画家たちに好まれました。

ティツィアーノはローマで《ダナエ》を制作していた際、ミケランジェロとあっています。アトリエで《ダナエ》を見たミケランジェロは、色彩や様式を大層気に入り褒めますが、デッサンがなっていないと指摘します。素描を重視するフィレンツェと、色彩を重視するヴェネツィアの違いがよくわかるエピソードです。


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ダナエ》1544-46年頃 ナポリ カポディモンテ美術館、ヤコポ・ティントレット《レダと白鳥》1551-55年頃 フィレンツェ ウフィツィ美術館

ティツィアーノは70年近い画業の中で、次々と様式を変化させていきます。この展覧会では初期作品から晩年に近い作品まで、その変化を楽しめるのも1つのポイント。《マグダラのマリア》では美しい女性の髪の表現はそのままに、陰影を強調した作風に変化していることが分かります。

長い画業で多くの弟子を育てたティツィアーノ。ティントレットやヴェロネーゼなどがヴェネツィア派の伝統を受け継ぎながら、それぞれの個性を発揮します。


ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《マグダラのマリア》1567年 ナポリ カポディモンテ美術館、ティツィアーノと工房《洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ》1560-70年頃 国立西洋美術館

ルーベンスやルノワールなど、後年の画家にも多大な影響を与えたティツィアーノ。ヴェネツィア芸術の代表といえる存在で、現在でも愛され続けています。

展覧会はイタリア国内屈指の美術館から多くの作品が来日。東京展のみの開催です。

[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2017年1月20日 ]

美術展完全ガイド美術展完全ガイド

 

晋遊舎
¥ 1,200

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ティツィアーノとヴェネツィア派展 に関するツイート


 
会場東京都美術館
開催期間2017年1月21日(土)~4月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://titian2017.jp/
展覧会詳細へ ティツィアーノとヴェネツィア派展 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- クラーナハ展―500年後の誘惑 企画展 桜花図譜と牧野富太郎 パロディ、二重の声 ――日本の1970年代前後左右
手形 Rikishi's palm print ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力 草間彌生 わが永遠の魂 三井家のおひなさま
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

展覧会の情報登録
広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
インターネットミュージアムは丹青グループが運営しております。
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社