インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  絵本はここからはじまった− ウォルター・クレインの本の仕事

絵本はここからはじまった− ウォルター・クレインの本の仕事

■画面を覆う、濃密な装飾
【会期終了】 19世紀後半、ヴィクトリア朝のイギリスで活躍したウォルター・クレイン(1845-1915)。多色刷りの木口(こぐち)木版で鮮やかな絵本を数多く制作して一世を風靡しました。本の仕事を中心にクレインの芸術を本格的に紹介する日本で初めての展覧会が、千葉市美術館に巡回してきました。
印刷技術の進歩にともない、本も雑誌も挿絵がついていたヴィクトリア時代。絵本は表紙がカラー印刷、中は手彩色が定番の中で、全ページカラー刷りのトイ・ブック(簡易なつくりの絵本)を生み出したのがクレインと彫版師のエヴァンズ(後述します)。現代の絵本の基礎とされ、高く評価されています。

4章構成の展覧会ですが、メインといえるのが第1章。トイ・ブックは、ここで紹介されています。

初期の作品は色数も限られていましたが、浮世絵に出会った事で大きく飛躍。力強い輪郭線、鮮やかな色彩、装飾的な構成と、独自の様式を確立していきます。

大きな特徴は、画面全体に及ぶビッチリとした装飾。ざっと140年前に印刷されたとは思えないほどの鮮やかな色彩もあり、強い印象を与えます。

ちなみに聞きなれない「木口木版」は、版木の違い。日本の浮世絵は板目木版でバレンで摺りますが、硬い木口木版はプレス機で印刷します。


1章「クレインのトイ・ブック」

クレインを絵本の世界に導いたのが、彫版師のエドマンド・エヴァンズです。エヴァンズは出版プロデューサーでもあり、2章ではエヴァンズと組んで同時代に絵本を手掛けていた2名の作品も紹介されています。

元は銀行事務員だったランドルフ・コールデコットは、ユーモラスな表現。ケイト・グリーナウェイは彫版師の娘で、女性らしい柔らかな描写です。クレインと比較すると、ともにややあっさりしており、逆にクレインの「ビッチリさ」が目立ちます。


2章「カラー絵本の仕掛け人エヴァンズとコールデコット、グリーナウェイの絵本と挿絵本」

1876年、クレインは出版社との意見の対立によりトイ・ブックから手を引き、挿絵本を手掛ける事となります。

3章では、美しく装飾した楽譜に挿絵を入れた童謡集、シェイクスピアのモノクロ挿絵本、読み・書き・算数を学ぶための絵本の合作、擬人化した花をテーマにしたフラワー・シリーズなどが紹介されています。

後年の作品はリトグラフや写真製版に変わった事もあって、木口木版時代の「画面全体のビッチリ装飾」からは離れますが、洗練された描写は見事です。


3章「本をデザインする――クレインの挿絵本の仕事」

最後の4章はクレインの素顔について。クレインはデザインの教本を執筆したり、デザイナーとして本の見返しをデザインするなど、多方面で活躍しました。

ジャポニスムとの関わりについてもここで紹介。《1、2、靴の留金とめて》は、作中に描かれている浮世絵の元ネタが並べて展示されています。

また、クレインは社会主義者でもありました(ウィリアム・モリスの影響です)。啓蒙活動のためにパンフレットや挿絵なども手掛けています。


4章「クレインの素顔」

クレインは若い頃にラファエル前派から影響を受けていた事もあり(挿絵がジョン・ラスキンに認められた事もあります)、人物描写にはラファエル前派の雰囲気も。また、豊かな装飾性はミュシャに通じる部分も感じました。

ウィリアム・モリスの活動やラファエル前派の流れで紹介される事はあっても、ウォルター・クレインをクローズアップした企画展は日本で初めて。滋賀県立近代美術館からの巡回で、千葉展で終了となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年4月6日 ]

ウォルター・クレインの本の仕事 絵本はここから始まったウォルター・クレインの本の仕事 絵本はここから始まった

滋賀県立近代美術館 (監修), 千葉市美術館 (監修)

青幻舎
¥ 2,484


■ウォルター・クレインの本の仕事 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2017年4月5日(水)~5月28日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/0405/0405.html
展覧会詳細へ 絵本はここからはじまった− ウォルター・クレインの本の仕事 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社