インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》

ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》

■約90年分、夢と魔法がたっぷり
【会期終了】 ディズニー・アニメーションを取り上げた展覧会は何度か開催されていますが、今回のテーマは「命を吹き込む瞬間」。ディズニーのクリエーターたちの手にかかると、紙の上のキャラクターたちが生き生きと動き出すさまは、まるで魔法のようです。
ミッキーマウスが活躍する「蒸気船ウィリー」が公開されたのは、1928年。それまでのアニメーションは平面的なイラストが動くだけでしたが、ウォルト・ディズニーは、重力のある空間で生き生きと動き回るキャラクターを誕生させました。今や当たり前のことですが、アニメーションに音が付いたのはこれがはじめてです。

ミッキーは「蒸気船ウィリー」がデビュー作と思われがちですが、実は少し前に制作されたサイレント短編映画「プレーン・クレイジー」にもミッキーマウスが出ています。「ウィリー」の公開後、音を付けて公開されたこの作品こそ、本当のデビュー作。原画は日本初公開です。


入口~動き出すいのち 重力をもったキャラクターたちの誕生

ディズニー・アニメーション・スタジオは1937年に世界初の長編カラーアニメーション作品「白雪姫」を制作します。展示室には80年も前に描かれたとは思えない、色あせない魅力が詰まったスケッチが並びます。

白雪姫の成功ののち、『ピノキオ』 『ファンタジア』『ダンボ』『バンビ』『ラテンアメリカの旅』など、意欲的に作品を発表し続けます。

作品を発表するたびに革新的なチャレンジをするディズニースタジオ。『ピノキオ』で用いられた奥行きある背景表現を可能にしたマルチプレーンカメラは、現在のCG技術に通じる発明とも言え、長くディズニーアニメーションの魅力を支えました。


魔法のはじまり あくなき研究と開発の日々

会場には様々な作品が所狭しと並びます。コンセプトアートや原画など、何気なく見ていた作品たちが人の手によって作られていることをひしひしと実感。展示を見ながら、家に帰ったらもう一度改めて見てみよう…という気持ちに何度もなってしまいます。


魔法の使い手たち 表現の多様化とひろがる世界観

ディズニーアニメーションに欠かせないのが、美しい音楽。『リトル・マーメイド』や『美女と野獣』『ライオンキング』などのミュージカルアニメーションは、今も根強い人気を誇っています。

これらの作品は、まさにデジタル技術がどんどん発達した時代に誕生しました。ディズニー・アニメーション・スタジオは、3DCGを使用したダイナミックな表現などを取り入れ、魅力的な作品を生み出し続けていきます。


新たな次元へ デジタル、ミュージカルの海へ

近年、ディズニーアニメーションはフルCGアニメーションで次々にヒット作を生み出しています。社会現象になるほど大ヒットした、『アナと雪の女王』では初めて二人のヒロインの物語を作り上げ、『ズートピア』は可愛らしい動物たちの社会を借りて、私たち現代社会の課題を浮き彫りにするなど、取り上げるテーマはどんどん多様になっています。

ただ、どんなに技術が進歩しても、ディズニーアニメーションに込められた思いは変わりません。魅力的なキャラクターや共感を呼ぶストーリーは、1937年の『白雪姫』からずっと変わらないことが、展覧会を通して感じられるはずです。


つながるいのち 多様な社会や地球の未来に向けて

展覧会の最後を締めくくる見逃せないミュージアムショップでは、約400種類のオリジナルグッズが並びます。展覧会限定グッズばかりでお財布のひもがゆるゆるになってしまいそう…。

在庫状況や入荷情報は公式サイト公式ツイッターで随時ご確認ください。


400種類を超える限定商品が並ぶミュージアムショップ


ディズニーファンは必見の展覧会。開幕から約2か月が経ちますが、休日は混雑気味のようです。待ち時間情報のツイッターなど活用してお出かけください。東京の後は大阪、新潟、仙台へ巡回。会場と会期はこちらでご確認ください
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2017年4月7日 ]

All Disney artwork © Disney Enterprises, Inc.

Disney Sketchbook ディズニーアニメーションスケッチ画集Disney Sketchbook ディズニーアニメーションスケッチ画集

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (著)

玄光社 (2017/4/3)
¥ 3,240


■ディズニー・アート展 に関するツイート


 
会場日本科学未来館
開催期間2017年4月8日(土)~9月24日(日)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-3570-9151(代表)
HP : http://da2017.jp/
展覧会詳細へ ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》 詳細情報
取材レポート
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
画家の眼がとらえた美
画家の眼が@ホキ美
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社