インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日本名刀展第1部 見どころ学べる!目で観る刀の教科書 展

日本名刀展第1部 見どころ学べる!目で観る刀の教科書 展

■互の目乱れ数珠刃まじる…とは?
【会期終了】 ゲームの影響で刀剣女子、という単語が2015年に流行語に。いまや刀剣ブームはすっかり定着してきました。ですが、刀剣鑑賞の書籍を少し覗いてみると専門用語が多く、初心者には少しハードルが高いのも事実。この展覧会では実際の刀剣を見ながら、丁寧な解説パネルで刀剣鑑賞のいろはを学ぶことができます。
会場には日本刀の成立初期である平安後期から、江戸末期までの代表的な刀工作の40振がずらりとならびます。

刀の鑑賞のポイントである地肌(刀身に浮かび上がる木目のような模様、地鉄とも)や刃文(刃に浮かび上がる模様)の見方もパネルでしっかり紹介されています。

また、展示されている刀剣一振一振にも、作られた時代や場所、作者、云われなどが分かりやすい解説パネルがあり、まさしく展示室が丸ごと「刀の教科書」になっています。

地肌や刃文は光をあてることでよく見えてきますので、ぜひ、少し屈んだり、背伸びしたりして様々な角度からの鑑賞をおススメします。単眼鏡をお持ちであれば、さらに細かく「沸(にえ)」や「匂(におい)」までも見ることもできます。


「見どころ学べる!目で観る刀の教科書 展」会場

この展覧会の主役とも言えるのが、重要文化財の『短刀 銘吉光 名物 信濃藤四郎』。酒井家に長く伝来し、大切にされた秘蔵っ子は、会場の一番奥にあります。

信濃藤四郎は短刀作りの名手と言われる粟田口吉光の手による一振。生ぶ(作られたままの姿で、後代に手を加えられていない状態)の部分もあるほど健全で美しい地鉄が見どころです。


重要文化財《短刀 銘吉光(名物 信濃藤四郎)》致道博物館蔵

会場の致道博物館についてもご紹介しましょう。

山形県鶴岡市にある致道博物館。庄内藩の御用屋敷だった場所に、明治まで庄内藩を治めていた酒井氏が土地と建物を寄附して発足しました。

敷地には企画展が行われる美術展覧会場のほか、重要文化財を含む複数の建物が。見事な日本庭園「酒井氏庭園」は、国指定名勝です。

「御隠殿」は旧庄内藩主の隠居所ともなった館で、酒井家に伝わる美術工芸品や「庄内竿」などを展示。ちなみに「刀剣男士 信濃藤四郎」の等身大パネルも、ここの入り口に設置されています。

重要文化財「旧西田川郡役所」には考古資料など。同じく重文の「旧渋谷家住宅(田麦俣多層民家)」は山村豪雪地帯の民家です(もうひとつの重文「旧鶴岡警察署庁舎」は修復中)。

「重要有形民俗文化財収蔵庫」では、8件(5350点)の重要有形民俗文化財を保存。「民具の蔵」では商業資料や海運資料、鶴岡の伝統的手職資料が展示されています。


致道博物館 常設展示

展覧会では「短刀 銘 吉光 特別展示」として、会期中通して展示される「名物 信濃藤四郎」のほか、5月27日(土)と28日(日)は「号 五虎退」、6月3日(土)と4日(日)は「名物 乱藤四郎」も展示されます。

スタンプラリーや、描き下ろしイラストの展示など、「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボ企画も多数実施されていますので、致道博物館の公式HPをご確認ください。

「刀剣乱舞-ONLINE-」効果で、47都道府県全てから来館者を集めている注目度の高さ。関東からのアクセスは、上越新幹線から特急いなほの乗り継ぎ、もしくは東北新幹線で仙台から高速バスがおすすめです。気持ちの良い初夏の旅行は今からでも間に合いますよ!

[ 取材・撮影・文:川田千沙・古川幹夫 / 2017年5月10日 ]

日本刀は素敵 (WAC BUNKO)日本刀は素敵 (WAC BUNKO)

渡邉 妙子 (著)

ワック
¥ 944


■致道博物館 に関するツイート


 
会場致道博物館
開催期間2017年4月29日(土)~6月8日(木)
所在地 山形県鶴岡市家中新町10-18
TEL : 0235-22-1199
HP : http://www.chido.jp/contents/4_event.html
展覧会詳細へ 日本名刀展第1部 見どころ学べる!目で観る刀の教科書 展 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
丸亀市立資料館「武士の装い展-ニッカリ青江特別公開-」
ニッカリ青江
東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」
ボストン美術館至宝
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
森アーツセンターギャラリー「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」
ジャンプ展 VOL.1
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
パナソニック 汐留ミュージアム「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」
深澤直人
東京都美術館「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」
ベルギー奇想の系譜
太田記念美術館「月岡芳年 月百姿」
月岡芳年 月百姿
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
日本科学未来館「ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》」
ディズニーアート展
21_21 DESIGN SIGHT「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」
壮大なプロジェクト
三菱一号館美術館「レオナルド×ミケランジェロ展」
レオ×ミケラン
国立科学博物館「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」
深海2017
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
国立西洋美術館「アルチンボルド展」
アルチンボルド
エリアレポーター 国立国際美術館「ブリューゲル「バベルの塔」展」
[エリアレポーター]
「バベルの塔」展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」
[エリアレポーター]
絹谷幸二
エリアレポーター 大阪市立自然史博物館「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」
[エリアレポーター]
瀬戸内海の自然を…
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 大くまモン展  収蔵品展 いきものだらけ ―ようこそ 美術な動物園へ― ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
江戸の琳派芸術 画人繚乱 ハイチアート展 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
投票は9月14日(木)15時まで!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社