インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―

クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―

■幻想的な世界観、アジア初の回顧展
【会期終了】 一卵性双生児の映像作家、クエイ兄弟(スティーブン・クエイとティモシー・クエイ)。「ストリート・オブ・クロコダイル」(1986年)をはじめ、独自の世界観に彩られた幻想的な人形アニメーションは高く評価され、日本でもカルト的な人気を誇っています。アジア初の本格的な回顧展が、渋谷区立松濤美術館に巡回してきました。
展覧会は2階の第1会場からスタート。まずは初期の作品からです。

クエイ兄弟は米国生まれ。フィラデルフィア芸術大学在学中の1967年に、同大学で開催された「ポーランドのポスター芸術」展を見て、閉ざされていた東側の芸術から強い刺激を受けました。本展ではポーランドのポスターも参考出品として展示されています。

さらにロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学び、初期はイラストレーターとして活動します。この時期のドローイング連作「黒の素描(BLACK DRAWINGS)」は鉛筆で描かれたもので、黒い部分も鉛筆による塗りつぶしです。繊細で独特な表現は、後の映像作品にも繋がっていきます。


第1会場(1章)

地下の第2会場が展覧会のメインです。映像制作で使用された模型を展示しているほか、主な映像作品(計9本)も上映されています。

クエイ兄弟が映像作品を作り出したのは1979年から。1986年に「ストリート・オブ・クロコダイル」がカンヌ国際映画祭短編部門にノミネートされ、コマ撮りのアニメーション制作者として世界的に注目を集めました。

以降はミュージック・ヴィデオやコマーシャル映像の制作も依頼されるようになり、活動範囲は拡大。会場では舞台芸術など日本ではあまり知られていない活動についても紹介されています。


第2会場(2~5章)

気鋭の映像作家として注目を集めたのが80年代半ばなので、名前を聞いてピンとくる方は40代~50代の方が中心と思われますが、個性的な世界観は若い人の関心も呼びそう。渋谷という立地にもピッタリだと思います。

なお、クエイ兄弟は1947年6月17日生まれ。本展の会期中にちょうど70歳を迎えます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月5日 ]

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアムクエイ兄弟 ファントム・ミュージアム

The Quay Brothers (著), 籾山 昌夫" (編集), "柴田 勢津子 (編集)

求龍堂
¥ 3,240


■クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム に関するツイート


 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2017年6月6日(火)~7月23日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/173quay/
展覧会詳細へ クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム― 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社