インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展

生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展

■戦場に散った「漆の画家」
【会期終了】 かなりの美術ファンでも、太齋春夫(だざいはるお:1907-1944)の名前はご存じないと思います。漆の可能性を追求して絵画に活用、漆を用いた技術で特許まで取得した異才の芸術家です。志半ばで戦死した、幻の「漆の画家」を大規模に紹介する初の展覧会が、練馬区立美術館で開催中です。
太齋春夫は1907(明治30)年、宮城県名取郡中町(現仙台市)生まれ。若い頃より絵画の才能に恵まれ、東京美術学校在学中に二科展に入選するなど、油彩でも成果を収めますが、漆と出会った事で人生は一変します。

漆器は日本を代表する伝統工芸ですが、当時は近代化が進む中で徐々に衰退。職人ではなく芸術家が関与する事によって、漆の可能性を広げようとしたのです。

生涯の師となる漆芸家・六角紫水の推薦もあり、台湾総督府殖産局の嘱託になった太齋。台湾で漆の研究を進めます。


会場入り口から。初期の油彩のほかは、風景・生物・人物像など全て漆絵です。台湾を意識した異国情緒あふれる作品も。

会場入口の風景画を含め、目を引くのがモザイクの作品です。漆塗したアルマイトを小片にして絵画にする「漆塗アルマイトモザイク」で制作されています。

漆器の難点が、歪みや割れ。特に海外に輸出すると気候が違うため、素地の木材が乾燥してトラブルになります。素地が金属なら心配ありませんし、石や陶器を用いるモザイク画より、時間もコストもかかりません。

太齋はこの手法で、さまざまな作品を制作しました。下図とともに展示されている大作《貴婦人像》は、上野の松坂屋から発注されたものです。

太齋は特許を取得した技術「漆膜」も開発しています。漆をフィルム状にしたもので、産業への応用を視野に入れたこの手法は「工芸美術界の革命」と称されました。


「漆塗アルマイトモザイク」で描かれた作品など

ただ、当時は軍靴の音が大きくなるばかり。漆絵の大きな作品も、陸軍美術家協会が主催した「国民総力決戦美術展覧会」へ出品された作品です。

1943年には36歳で応召。戦地でも時間を見つけてスケッチをしていましたが、中国湖南省で道路偵察中に爆撃を受けて戦死してしまいます。戦前から親しかった洋画家の内田巌はその死を悼み、弔いの歌を送りました。

太齋が開発に関わった技法はほとんど継承されていませんが、静岡県庁本館の踊り場に《宝船》が現存しています(写真はこちら)。1937年に設置されたので80年経ちますが、美しい発色が保たれているのは太齋の狙い通りといえるでしょう。


戦地で描かれたスケッチなど

展覧会は、太齋の遺族から作品・資料が練馬区立美術館に寄贈された事がきっかけ。あまり知られていなかった作家に、こういったかたちで日が当たるのは、とても意義深い事といえます。

1939年にニューヨーク・サンフランシスコ両万博に出品され「日本工芸美術の華」と称賛された衝立は、米国に留まるも所在不明です。この展覧会をきっかけに、さらに調査・研究が深まる事も期待したいと思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月14日 ]

TOKYO美術館 2017-2018TOKYO美術館 2017-2018

 

エイ出版社
¥ 1,296


■太齋春夫 に関するツイート


 
会場練馬区立美術館
開催期間2017年6月9日~7月14日
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会詳細へ 生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「古代アンデス文明展」
古代アンデス文明展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ゴッホ展
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
サントリー美術館「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」
セーヴルの300年
国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」
新海誠
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
エリアレポーター ホキ美術館「第3回 私の代表作展」
[エリアレポーター]
ホキ美術館
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 国宝 雪松図と花鳥 -美術館でバードウォッチング- FACE/わたしとあなた ―アフリカン・マスクから舟越桂まで
古代アンデス文明展 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社