インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  レオナルド×ミケランジェロ展

レオナルド×ミケランジェロ展

■「宿命のライバル」が素描で対決
【会期終了】 レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)とミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。年齢こそ23歳も違いますが、互いを強く意識した宿命のライバルでした。実力が最も良く現れる素描で両者を比較する展覧会が、三菱一号館美術館で開催中です。
トリノ王立図書館やカーサ・ブオナローティの所蔵品を中心とした本展。なんと会場に入るといきなり、最大の見ものである2点が登場します。

ミケランジェロの素描の中で特に重要とされる《〈レダと白鳥》〉の頭部のための習作》。モデルは男性ですが、左下の素描はまつ毛が長く女性らしい顔つきです。

対するレオナルドの《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》は、著名な美術史家のバーナード・ベレンソンが「世界一美しい素描」と評した作品。肩越しに振り返る表情が実に魅力的です。



展覧会は8章構成、1章は「顔貌」です。レオナルドは目や鼻の比率などを正確に計算し、真正面を描いた素描もありますが、ミケランジェロは斜めからの視点が多く、動的な印象を受けます。

2章は「絵画と彫刻のパラゴーネ(イタリア語で「比較」)」。絵画の優位性を説いたレオナルドに対し、ミケランジェロは彫刻家の自負を持ちながらも「(絵画と争うのではなく)仲直りをして大げさな議論は止めにしたい」と主張しました。

3章は「人体表現」。骨格、関節、筋肉といった人体の構造について、両者ともに実際の解剖を通して習熟していました。

4章は「馬と建築」。馬への関心が高かったレオナルドは、脚などを繰り返し描写。ミケランジェロも僅かですが、馬の素描があります。逆に建築は、レオナルドで残っているものはありませんが、ミケランジェロは重要な建築物を数多く手がけています。



5章は「レダと白鳥」。追随者によって伝わるふたつの「レダと白鳥」(オリジナル絵画はともに失われました)。ミケランジェロは横たわるレダ、レオナルドは立ち姿のレダです。

6章は「手稿」。膨大な手稿を残したレオナルド。天文学、言語学、解剖学などジャンルも極めて多彩です。《大鎌を装備した戦車の二つの案》は、敵兵をバラバラに切り裂く武器の提案です。

7章は「書簡と詩歌」。レオナルドの手稿に私生活の記述はありませんが、ミケランジェロの書簡には個人的な想いも綴られています。

8章は「肖像」。レオナルドによる《月桂樹の冠をかぶった男性の横顔》は、特徴的な風貌から、特定の人物を描いた肖像とみなされています。



なお、開幕間際になってビッグニュースが入りました。ミケランジェロ・ブオナローティ(未完成品、17世紀の彫刻家の手で完成)《十字架を持つキリスト(ジュスティニアーニのキリスト)》が7月11日(火)から9月24日(日)まで出展される事となりました。

キリスト像だけで2010mmという大きさで、ミケランジェロの大理石彫刻でここまで大型の作品が来日するのは初めて。彫刻が来る前に来館する方にも、彫刻の展示室に再入場できるチケットが配布されます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月16日 ]

レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ (おはなし名画シリーズ) レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ (おはなし名画シリーズ)

辻 茂 (著), 川滝 かおり (著), 西村 和子 (編集)

博雅堂出版
¥ 3,145

料金一般当日:1,700円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■レオナルド×ミケランジェロ展 に関するツイート


 
会場三菱一号館美術館
開催期間2017年6月17日(土)~9月24日(日)
所在地 東京都 千代田区 丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600
HP : http://mimt.jp/lemi/
展覧会詳細へ レオナルド×ミケランジェロ展 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」
狩野元信
根津美術館「ほとけを支える ― 蓮華・霊獣・天部・邪鬼 ―」
ほとけを支える
堺 アルフォンス・ミュシャ館「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
あこがれ ミュシャ
千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」
鈴木春信
横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」」
ヨコトリ2017
国立新美術館・森美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
サンシャワー
ホキ美術館「画家の眼がとらえた美」
画家の眼が@ホキ美
岡田美術館「歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」 ―138年ぶりの夢の再会―」
深川の雪・吉原の花
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 東京藝術大学大学美術館「素心伝心 ─ クローン文化財 失われた刻の再生」
[エリアレポーター]
クローン文化財
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター サントリー美術館「天下を治めた絵師 狩野元信」
[エリアレポーター]
狩野元信
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポーター 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 開館120周年記念 特別展覧会 国宝 江戸の琳派芸術 画人繚乱
ハイチアート展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」 神道の形成と古代祭祀 新・NIPPON展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社