インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに

歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに

■劉生の亜流、ではありません
【会期終了】 大正時代から戦後まで活躍した洋画家の椿貞雄(つばきさだお:1896-1957)。岸田劉生に私淑し、強い影響を受けながら創作。劉生の死で苦しんだ時期もありましたが、後に独自の境地に到達しました。椿が後半生を過ごした房総の地で、大規模な回顧展が開催中です。
山形県米沢市に生まれた椿貞雄。上京後まもなく展覧会で岸田劉生の作品を見て感動し、自作を携えて劉生を訪ねました。その時の作品が、メインビジュアルになっている自画像。劉生も椿の力量を認め、ふたりは強い絆で結ばれる事となります。

劉生が中心となって結成された草土社の有力メンバーとなった椿。この頃の作品は、劉生が研究していたヨーロッパ古典絵画風の肖像画や、劉生の作品と全く同じ場所を描いた風景画など、共に行動し、劉生からの強い影響を受けていたことを感じさせます。


第1章「出会い」

劉生が宋・元時代の絵画や浮世絵など、東洋美術にも関心を示すようになると、椿も追随。東洋の伝統をふまえた上で、油彩による写実で表現する事は、後年に至るまで椿の大きなテーマとなりました。

ここにはちょっと珍しい展示もあります。劉生が描いた《狗をひく童女》と、それに触発されたような椿の《春夏秋冬図屏風(春)》が並び、さらに劉生が手本にした版本と、その版本のオリジナルである肉筆浮世絵も展示されています。浮世絵→版本→劉生→椿まで、ざっと300年。犬と童女のイメージが受け継がれていきました。

劉生は38歳で急死。椿は制作もままならないほど落胆しますが、周囲のすすめもあって渡欧。本場の油彩を見た事で、改めて「油彩による東洋の写実」に向き合う意思を固めます。


第2章「伝統へのまなざしと劉生の死」

椿の代表的な画題のひとつが、冬瓜。冬瓜は南九州など暖かい地域で育つため、米沢育ちの椿は、劉生に教わるまで冬瓜を知らなかったそうです。

肺結核と診断された劉生が、戸外での制作を断念して静物画を描くようになると、椿も静物画へ。冬瓜のごろっとした量感と、表面に粉をふいた質感を確実に捉えるため、毎年冬瓜を買い集めては写生を繰り返しました。静物と周囲との関係にも気を配り、その表現には文人画から学んだ手法も取り入れています。

会場では椿の次女、夏子の作品も展示されています。夏子は芹沢銈介に師事して型絵染を制作、父と同じ国画会に作品を出品しています。


第3章「静物画の展開」

最終章には家族を描いた作品など。子どもが一男三女、亡くなるまでに三人の孫にも恵まれた椿は、家族の肖像も数多く描きました。柔らかい肖像の家族の絵からは、周囲に優しく、誰からも愛された椿の人柄が伝わってくるようです。

昭和に入ると、富士山なども描いた椿。晩年には度々九州に出かけ、長崎や桜島も描きました。1957年に66歳で死去。病院に入院する日の朝、迎えの車が来る前に一気に描いた椿が絶筆となりました。


第4章「家族とともに」

岸田劉生との関係から、劉生の周辺作家として紹介される事が多い椿貞雄ですが、油彩にきちんと向き合いながら東洋絵画の伝統表現に挑んでいったのは、椿ならではの個性といえるでしょう。他館への巡回はなく、千葉市美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月9日 ]



■椿貞雄 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2017年6月7日(水)~7月30日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/0607/0607.html
展覧会詳細へ 歿後60年 椿貞雄 師・劉生、そして家族とともに 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社