インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  北斎×富士 ~冨嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~

北斎×富士 ~冨嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~

■「富士づくし」の展示室
【会期終了】 2016年11月に開館して多くの人で賑わっている、すみだ北斎美術館。開館記念展の最後を飾るのは、美術館の構想から約25年間で墨田区が取集した作品群を紹介。北斎が富士を描いた二大作品「冨嶽三十六景」と『富嶽百景』が揃いぶみしています。
会場は2つの企画展示室で、それぞれ「冨嶽三十六景」と『富嶽百景』を紹介。まずは上階の「冨嶽三十六景」からです。

北斎が72歳の頃に出版された「冨嶽三十六景」。富士講や旅ブームもあって人気を博し、10図が追加されて46図が出版されました。

世界的な名作といえる「冨嶽三十六景」ですが、実は謎だらけ。そもそも制作年も「天保2(1831)年~天保6(1835)年頃まで」が有力ですが、様々な説があります。

絵の内容にも不明点があります。「従千住花街眺望ノ不二」の背景は、タイトルからすると吉原ですが、屋根上に天水桶が無いため、別の町かも。「諸人登山」は山頂を描いた絵と伝わりますが、左下には樹木の姿が。富士山の山頂に木は生えません。


第1章「冨嶽三十六景」

下のフロアは『富嶽百景』。3冊の版本に全102図。今回は額装されて1図1図が見られるように展示されています。

版本のため色はついていませんが、濃淡の薄墨を効果的に使用。彫師も北斎が信頼していた人を使い、広告では「我真面目(わがしんめんぼく)の画訣(がけつ)この譜に尽せり」と自信たっぷりに語るなど、北斎による富士図の集大成といえます。

展示は「構図」「遠近」「伝説」などのテーマごとに分類して紹介。冨嶽三十六景と類似する作例も解説されています。

展示室の最後には『富嶽百景』初編の跋文(あとがき)が紹介されていますが、ひょっとすると『富嶽百景』そのものより有名かもしれません。

75歳ごろに書いたものですが「70歳までに描いたものは取るに足らない、73歳でようやく動植物について悟り、80歳でますます上達し、90歳で奥意を極め、100歳で神の域に達し、110歳を超えれば一点一画が生きているようになる」と豪語。老いてなお盛ん、というか、そもそも老いたと思っていない北斎の胆力には驚かされます。


第2章「富嶽百景」

会期は全体で約2カ月ですが、デリケートな浮世絵作品という事もあり3期に分けて展示されます(Ⅰ期は6月27日~7月9日、Ⅱ期は7月11日~7月23日、Ⅲ期は7月25日~8月20日)。北斎を代表する三役は「神奈川沖浪裏」がI期、「山下白雨」がII期、凱風快晴がⅢ期に展示されます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月26日 ]

浮世絵ぬり絵 葛飾北斎 冨嶽三十六景 其の一浮世絵ぬり絵 葛飾北斎 冨嶽三十六景 其の一

クールジャパン研究部 (編集)

インターブックソリューションズ
¥ 702


■すみだ北斎美術館 に関するツイート


 
会場すみだ北斎美術館
開催期間2017年6月27日(火)~8月20日(日)
所在地 東京都墨田区亀沢二丁目7番2号
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://hokusai-museum.jp/
展覧会詳細へ 北斎×富士 ~冨嶽三十六景 富嶽百景 揃いぶみ~ 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」
安藤忠雄
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
東京富士美術館「遥かなるルネサンス」
遥かなるルネサンス
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
千葉市美術館「没後70年 北野恒富展」
北野恒富
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
エリアレポーター 神戸市立博物館「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」
[エリアレポーター]
ボストン美の至宝
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター 静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」
[エリアレポーター]
あこがれの明清絵画
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社