インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
   
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後40年 幻の画家 不染鉄展

没後40年 幻の画家 不染鉄展

■21年ぶりの回顧展
大正時代から戦後まで活躍した日本画家の不染鉄(ふせんてつ:1891-1976)。京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)を首席で卒業、帝展にも入選を重ねるなど、実力は折り紙付きですが、戦後は画壇を離れ、今ではほとんど忘れられた存在となっています。現在、その知られざる画業に迫る大回顧展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
1925(大正14)年、東京・小石川の光円寺に生まれた不染鉄。20代前半で日本美術院研究会員になりました。この頃の作品は輪郭をぼかした朦朧体など、日本美術院の影響が感じられます。

次第に行き詰まるようになり、写生旅行に行った伊豆大島・式根島で漁師として3年過ごすという、変わった経歴を持っています。

1918年に京都市立絵画専門学校に入学すると、翌年には第1回帝展で初入選。学校も首席で卒業するなど、才能は抜きんでていました。

展覧会は5章構成。第1章「郷愁の家」と第2章「憧憬の山水」は戦前の作品で、詩情あふれる農村や、各地で目にした風景画などを描く一方、南画への関心も高く、水墨山水図も手掛けています。


第1章「郷愁の家」、第2章「憧憬の山水」

戦後、不染は奈良の正強高等学校(現・奈良大学付属高等学校)の校長になり、没するまで奈良で過ごしました。

奈良で好んで描いたのが、薬師寺東塔などの仏教建築をモチーフにした作品。写生ではなく、自らの内にある情景と組み合わせて、印象的な風景を描きあげています。

富士山も、不染が好んで描いた画題です。展覧会メインビジュアルの《山海図絵(伊豆の追憶)》は、186×210cmの大作。全体は俯瞰した構図でありながら、よく見ると陸にはのどかな家々、海には魚や波が接近したかのように緻密に描き込まれ、二つの異なる視点が相まった不思議な作品です。


第3章「聖なる塔・富士」

妻が亡くなると、さらに画業に没頭するようになった不染。漁師として過ごした日々が蘇って、この時期は数多くの海の絵を描きました。

晩年には地元の美術団体の展覧会のほか個展でも作品を発表。絵画だけでなく、奈良の伝統工芸である赤膚焼に絵付けをしたり、奈良人形一刀彫の作家と共同で木彫作品を制作したりと、活動の幅を広げています。

会場の終盤で目をひくのが、数多くの絵葉書。緻密な絵とともに、小さな文字で日々の出来事や芸術に対する思いがびっちりと書かれています。


第4章「孤高の海」、第5章「回想の風景」

晩年に住んだあばら家の室内は、箪笥の内側からマッチ箱まで絵が描き尽くされていたという不染。1976年に84歳で亡くなる直前まで、絵筆を取り続けたそうです。

不染の回顧展は21年前に奈良県立美術館で開催されただけで、今回が2回目。その画業が東京で紹介されるのは初めてです。本展は東京展の後、奈良県立美術館に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年6月30日 ]

東京美術館案内東京美術館案内

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
¥ 1,296


■不染鉄 に関するツイート


 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2017年7月1日(土)~8月27日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201707_fusentetsu.html
展覧会詳細へ 没後40年 幻の画家 不染鉄展 詳細情報
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
取材レポート
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊)
皇室がご覧になった展覧会
テレビでミュージアム
エリアレポーター
ニュース
一覧
イベント検索ランキング
芦原義信建築アーカイブ展 ─モダニズムにかけた夢 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉 没後50年 金重陶陽と華麗なる作家たち 特別展 地獄絵ワンダーランド
ミューズ(芸術の女神):まなざしの先の女性たち 「コミュニケーションと孤独」 平成をスクロールする 夏期 2Dプリンターズ 「怖い絵」展
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
結果発表!!
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社