インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」

特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」

■4年を経て、さらに深く
【会期終了】 2013年夏にダイオウイカの展示で大きな話題を呼んだ特別展「深海」がパワーアップ。深海生物から見えてくる地球生命の進化や、海底下で起こる巨大地震のメカニズムなど、深海をさらに深く掘り下げます。
前回の特別展「深海」はダイオウイカが中心でしたが、今回は深海調査そのものが主役。深海調査の背景や意義、そして深海から見えてきた事まで幅広く紹介していきます。

展覧会は6章構成で、第1章は「深海とは」。海洋生物学では、太陽の光が届きにくくなる水深200mからが「深海」。水圧は海水の重さなので、潜ったぶんだけ増加。水深6,500mだと、親指の爪ぐらいの面積に軽自動車1台の水圧がかかります。

第2章は「深海と生物」。今回、大きく紹介されているのが発光生物。深海では90%以上の種が生物発光するといわれており、体から光る粒子を放出するクラゲなど珍しい生物が映像でも紹介されています。奥に進むと巨大生物もあり、ダイオウイカも展示されています。


第1章「深海とは」、第2章「深海と生物」

第3章は「深海と巨大災害」。3.11の後に調査された場所は、なんと水深7000m。富士山ほぼ二つ分という深海で、地質試料を採取し、残っている摩擦熱を測るという難プロジェクトを成功させました。その成果は巨大地震・津波シミュレーションにも活かされています。

国土は狭い日本ですが、EEZ(排他的経済水域)は世界6位。海底に眠るエネルギー資源への期待は高まっています。天然ガスの一種であるメタンハイドレートや、海底堆積物中のレアアースについて、第4章「深海と資源」で解説されています。


第3章「深海と巨大災害」、第4章「深海と資源」

外界からの影響を受けにくそうな深海ですが、地球表層の環境変動と無縁ではありません。第5章「深海と地球環境」では、海洋の酸性化についても紹介。炭酸カルシウムの殻をつくる海洋生物は殻が薄くなっており、生物多様性や海洋生態系に影響するかもしれません。

第2会場に移って、最後の第6章は「深海を調査する機器」。2016年に竣工した最新鋭の海底広域研究船「かいめい」には船内に充実したラボ施設があり、採取した試料を新鮮な状態で分析可能。有人潜水調査船「しんかい6500」は耐圧殻内部の機器配置を変更し、観測者が1名増やせるようになりました。


第5章「深海と地球環境」、第6章「深海を調査する機器」

展覧会と同時にお勧めしたいのが公式図録(税込 2,200円)。やや専門的な内容を豊富な写真と図版で分かりやすく解説しており、これさえ読めばあなたも深海ツウ。幅広い方にお楽しみいただけると思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月10日 ]


料金一般・大学生 当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■特別展「深海2017」 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2017年7月11日(火)~10月1日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://shinkai2017.jp/
展覧会詳細へ 特別展「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」 詳細情報
取材レポート
根津美術館「鏨の華 ―光村コレクションの刀装具―」
鏨(たがね)の華
国立歴史民俗博物館「「1968年」-無数の問いの噴出の時代-」
「1968年」展
太田記念美術館「没後150年記念 菊川英山」
菊川英山
上野の森美術館「怖い絵」展
「怖い絵」展
三井記念美術館「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」
驚異の超絶技巧!
京都国立博物館「開館120周年記念 特別展覧会 国宝」
「国宝」展
三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック ─ ロートレックとアートになった版画・ポスター展」
パリ・グラフィック
パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
表現への情熱
東京国立博物館「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」
「運慶」展
エリアレポーター Bunkamuraザ・ミュージアム「オットー・ネーベル展」
[エリアレポーター]
オットー・ネーベル
画家の眼がとらえた美
画家の眼が@ホキ美
エリアレポーター 国立西洋美術館「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」
[エリアレポーター]
北斎とジャポニスム
エリアレポーター 大阪歴史博物館「世界に誇る大阪の遺産 -文楽と朝鮮通信使-」
[エリアレポーター]
文楽と朝鮮通信使
エリアレポーター 京都国立博物館 開館120周年記念 特別展覧会「国宝」
[エリアレポーター]
「国宝」
エリアレポーター あべのハルカス美術館「北斎-富士を超えて-」
[エリアレポーター]
北斎・富士を超えて
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
2017年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
鏨の華 ― 光村コレクションの刀装具 ― 皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト 特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意
開館120周年記念 特別展覧会 国宝 古代アンデス文明展 企画展「神道の形成と古代祭祀」 新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
博物館・美術館検索
人気の展覧会 ブログパーツ 「人気の展覧会」ブログパーツ
アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2016 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鶏」
結果発表!!
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2017 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社