インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

■「接続」と「孤立」がテーマ
【会期終了】 現代アートの国際展、横浜トリエンナーレ。2001年に初めて開催されて以来、3年に1度開催され、今回で6回目となります。3つの会場を舞台に国内外の38アーティストと1プロジェクトが参加、「接続」と「孤立」が今回のテーマです。
タイトルとなった「島」「星座」「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すためのキーワード。グローバル化が進む一方で、紛争や難民・移民の問題などが頻発するなど、相反する価値観が複雑に絡み合う現代社会を念頭に設定されました。

多数の作品が並びますが、会場はカテゴリ分けせず、小さな個展が緩やかにつながるような構成。まずは主会場である横浜美術館からご紹介しましょう。

難民問題をテーマにした作品を美術館の外壁と柱に展示したのは、アイ・ウェイウェイ。館内のグランドギャラリー(エントランスホール)には、インドネシアのジョコ・アヴィアントが巨大な竹のインスタレーションを作りました。

オラファー・エリアソンなど著名な現代美術家や、日本で初めて本格的に紹介される若手アーティストの作品なども含め、横浜美術館では28組のアーティストの作品を展示。「いわゆる現代美術」的な表現が多い中、鉛筆で克明に人物を描く木下晋の作品は独特の存在感を放っていました。

第2会場として位置付けられるのが、横浜赤レンガ倉庫1号館。海沿いの建物で12組のアーティストと1プロジェクトの作品が展示されています(うち2作家は横浜美術館でも出展)。

クリスチャン・ヤンコフスキーによる重量上げの選手が彫像を持ち上げようとする映像作品や、宇治野宗輝による家電製品などを使った映像と光と音楽の作品などが印象に残りました

プロジェクト「Don't Follow the Wind」は、震災後の帰還困難区域内を映像や資料で紹介し、封鎖解除後の未来へ繋げていく試みです。

もうひとつの会場、横浜市開港記念会館にも柳幸典の作品を展示。憲法9条をテーマにしたLED作品などが紹介されています。

諸事情で今回は動画でのご紹介できませんが、いつものように見どころ満載のヨコハマトリエンナーレ2017。展覧会とともに、公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」も実施されます。これは展示だけでなく、幅広い分野の専門家からの意見・提言もあわせて発信する事で、視覚と対話の両面から「共有と共生」の多様な機会となる事を目指す試み。日程などは公式サイトでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年8月3日 ]

※写真は全て、ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景


料金一般当日:1,800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■ヨコハマトリエンナーレ に関するツイート


 
会場横浜美術館 / 横浜赤レンガ倉庫1号館 / 横浜市開港記念会館(地下)ほか
開催期間2017年8月4日(金)~11月5日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1(横浜美術館)、ほか
TEL : 03-5777-8600(8:00~22:00)
HP : http://www.yokohamatriennale.jp/
展覧会詳細へ ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」
寛永の雅
太田記念美術館「明治維新150年 幕末・明治 ― 激動する浮世絵」
幕末・明治の浮世絵
パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
ヘレンド展
東京国立博物館 表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」
アラビアの道
千葉市美術館「小沢剛 不完全 ー パラレルな美術史」
小沢剛
Bunkamura ザ・ミュージアム「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」
ルドルフ2世の…
東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」
仁和寺と御室派
横浜美術館「石内 都 肌理と写真」
石内 都
世田谷美術館「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」
パリジェンヌ展
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
DOMANI・明日展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
日本科学未来館「MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-」
MOVE なれる展
エリアレポーター パナソニック 汐留ミュージアム「ヘレンド展 ― 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」
[エリアレポーター]
ヘレンド展
エリアレポーター 京都国立近代美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[エリアレポーター]
ゴッホ展
エリアレポーター 国立国際美術館 開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」
[エリアレポーター]
トラベラー
エリアレポーター 神戸ファッション美術館「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」
[エリアレポーター]
芳年
エリアレポーター 大阪市立東洋陶磁美術館「唐代胡人俑 ― シルクロードを駆けた夢」
[エリアレポーター]
唐代胡人俑
エリアレポーター 国立科学博物館「南方熊楠」
[エリアレポーター]
南方熊楠
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 運慶 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝 色絵 Japan CUTE !  ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ― ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜 歌川国貞展 ~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~ 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社